SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業の広告宣伝担当者に聞いた、広告の効果測定に関するアンケート結果【サイカ調査】

 サイカは、「企業の広告宣伝担当者に聞いた、広告の効果測定に関するアンケート調査」を実施、結果を発表した。

インターネット広告・オフライン広告の統合分析について

 広告の効果測定のためのデータ分析について、広告宣伝担当者がどのような分析を実施しているのかを尋ねた。インターネット広告・オフライン広告の統合分析について、2016年の調査では「今後取り組みたい」が「現在取り組んでいる」を上回っていたが、今回の調査では「現在取り組んでいる(30.2%)」が「今後取り組みたい(18.9%)」を上回った。

分析を実施する手段について

 データ分析を実施している広告宣伝担当者に対し、分析を実施する手段として、どのような分析手法を用いているかを尋ねた。「過去の出稿額などのデータを参考にした、前年度ベースでの判断」「収集したデータの集計」「Excel、BIツールを用いた、収集したデータの可視化」までは、いずれも「現在取り組んでいる」が「今後取り組みたい」を上回っており、ExcelやBIツールによるデータの可視化まではすでに一般的に用いられるデータ分析手法となっていることが窺える。一方で、「統計モデル・AI・機械学習などの技術を用いた広告効果の数値化、および最適な予算配分のシミュレーション」は、「現在用いている」が4.9%と最も少ない結果だった。

分析に取り組む上での課題について

 広告の効果測定のためにデータ分析に取り組む上で課題となる要因について尋ねた。分析に取り組む上で課題となる要因として、「オフライン領域のデータや、外部のデータを収集することが難しい」が最も多く挙げられ、次いで「社内のリソース(人手)が足りない」「分析に関する知見が足りていない(分析できる人間がいない、等)」が多く挙げられた。

 本調査結果から、マーケターがより分析を実践できるようになるためには、オフラインデータ・外部データの取得が容易になるソリューションや、分析工数の削減、分析を容易にするソリューションの必要性が窺える。

【関連記事】
テレビCM出稿額が多いブランドは?第1位は「トリバゴ」【サイカ調査】
サイカ、プロモーション分析ツール「XICA magellan」を正式リリース
電通、統計分析ベンチャーのサイカと資本業務提携~統合分析ソリューションの開発を推進
デジタル変革の経済効果は約11兆円/GDPの約半数がデジタル製品・サービスに【MS、IDC調査】
スマホ動画広告とTVCM、視聴後のアクションにつながるのは?/年代で違い【CyberBull調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング