MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google AdWords、ランディングページの表示にかかる時間が短いほどキーワードの「品質スコア」が上がる方針に

2008/03/10 12:40

 「品質スコア」は、決められた要素をもとに計算され、GoogleとGoogleの広告ネットワーク上の広告の掲載順位やキーワードの最小入札価格の決定に影響を与える。この品質スコアが高いほど、広告の掲載順位は高くなり、最小入札価格は低くなる。

 「ロード時間」は、ユーザーが広告をクリックしたあと、ランディングページを見るのにかかった時間のこと。サーバの処理速度が遅いだけでなく、リダイレクトページなどをはさむこともロード時間を増やす要因になる。Googleはこのロード時間を品質スコアの計算に加味する理由として、ロード時間が短いほどユーザーにとって快適であり、ロード時間が長くなると広告主にとっても、コンバージョン率が下がる可能性があることをあげている。

 Googleは、数週間以内にロード時間の評価をキーワード分析ページで閲覧可能にし、その後1か月サイトをレビューして調整を行ったあと、キーワードの品質スコアにロード時間を反映するとしている。

【関連リンク】
「AdWordsスターターガイド」できました。オンラインセミナーもあわせて開催
AdWordsの最強の使い手はどの大学? Googleがオンラインマーケティング・コンテストを開催
【広告効果測定基礎】海外で解明された効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5