SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

富士通、EDINETに対応したXBRL形式の財務報告データ作成ソフトウェアを5月に発売

 「EDINET」(Electronic Disclosure for Investors’NETwork)は、金融庁が運営する「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」のこと。今回発表された財務報告データ作成ソフトウェア「XWand Tool for EDINET」は、企業がEDINETへ財務報告を行う際、XBRLの高度な知識を必要とせず、簡単な操作でXBRL形式の財務諸表を作成することができる。

 「XBRL」(eXtensible Business Reporting Language)は、各種財務報告用の情報を作成・流通・利用できるようにXMLにより標準化されたグローバルなコンピュータ言語。 近年、財務報告用の情報を作成し、企業や監査人、監督機関、アナリスト、投資家に向けて情報を流通、利用可能とするために「XBRL」の標準化が世界的に進められている。日本でも、2008年度以降、EDINETへの財務報告において、XBRL形式の財務諸表を提出することを義務付けており、上場企業などではXBRLへの対応が急務となっている。

 報告書簡易作成機能などのEDINET固有機能を充実させた「XWand Tool for EDINET」は、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書をEDINETに対応したXBRL形式で作成し、表示情報ファイルも作成することができる。「XWand Tool for EDINET」の販売価格は、1クライアントあたり年額27万8,000円、3クライアントでは、年額67万8,000円となっている。富士通は、同ソフトの販売目標をXBRL分野のビジネス全体で3年間で300億円としている。

【関連リンク】
富士通、ロイターから大型アウトソーシング契約を獲得
金融相に「トウキョー・ストップ・エクスチェンジ」とやじられた東証
富士通、PC向けサイトの9割以上を閲覧可能な携帯用組込みブラウザ「Inspirium」を発売
その24時間運用システムは本当に必要ですか?~可用性管理でサービスを維持する
日本版SOX法では「財務報告の信頼性」を確保するための「IT全般統制」が必要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/12 09:50 https://markezine.jp/article/detail/2895

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング