SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フューチャーアーキテクト、ワコールのオムニチャネル戦略を支援 商品や在庫データの一元管理が可能に

 ​フューチャーアーキテクトは2018年6月より、ワコールのオムニチャネル戦略を支援するプラットフォームの一部の稼働を開始した。

 ワコールは現在、多様化する顧客の購買動向に柔軟に対応するため、顧客と「より深く、広く、長く」つながるためのオムニチャネル戦略を推進している。システム基盤を統一し、これまで販売チャネルごとに管理していた顧客・在庫・商品に関するすべてのデータを一元化する他、タブレットを活用した効果的な接客などに取り組んでいる。

 フューチャーアーキテクトは、独自に開発したクラウド型のオムニチャネル戦略支援システム「OmnibusCore」をベースとし、ワコールの施策を支援。同システムに接続することで、導入企業は実店舗やECにおける商品や在庫の情報を共有できる。

 これにより、ワコールは、顧客一人ひとりに合ったサービスの提供や、店頭在庫の最適化による利益率の向上などを実現する。

【関連記事】
神戸デジタル・ラボ、 AI技術で消費者の興味と関心を導き出す「nosy」リリース ワコールが先行導入
ワコール×Barbie、オトナかわいいショップが百貨店に出現~SNS連動型プリンターサービスも活用
ワコールの次世代ブラ「BRAGENIC」、Instagramアカウントを開設
ワコールウェブストア、ウェブ接客ツールSprocketを導入~購入完了率は最大125%に
凸版印刷、ECシステムベンダーのMonoposを買収 小売り業界のオムニチャネル化を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/07 10:15 https://markezine.jp/article/detail/29022

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング