MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホネイティブ世代のリアル

2018/09/25 14:00

 10代を中心とするスマホネイティブ世代は、利用するサービスだけでなく、コミュニケーションも他の世代と異なる。特徴的な動画の使い方やコミュニケーションの傾向を中心に、マーケターとして注目すべきポイントを解説する。

※本記事は、2018年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』33号に掲載したものです。

スマホネイティブ世代は「視覚的・感覚的」を支持

 10代は物心がついたときからスマホやSNSに触れてきた世代であり、スマホネイティブ・SNSネイティブと言えます。そのような世代では、利用するサービスやコミュニケーションも他の世代とは大きく異なっています。

 プリキャンティーンズラボの「女子中高生と動画サービスに関する調査」(2018年5月)によると、オンライン動画サービスを利用する端末は91.7%とほとんどが「スマホ」を利用しています。動画を視聴したことがあるSNSは、中学生が「LINEのタイムライン」(75.1%)を筆頭に、「Twitter」「TikTok(ティックトック)」、「Instagram」、「MixChannel」と続きます。高校生は「Twitter」(63.8%)が最多であり、「LINEのタイムライン」「Instagram」、「MixChannel」、「TikTok」などが人気です。他の世代とは利用サービスが異なることがよくわかります。

図表1 動画を視聴したことがあるSNS
図表1 動画を視聴したことがあるSNS

 彼女たちに人気のこのようなサービスは、視覚的・感覚的なものが多いのが特徴です。文章によるコミュニケーションではなく、写真や動画によるコミュニケーションの人気が高まっているのです。スマホやSNSが広い年代で普及したため、一般的にも誰でも利用できるサービスが受け入れられてきました。中でも10代女子を中心に、ビジュアルコミュニケーションは強く支持されています


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5