SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グルメフェス好きに広告を配信!ヴァル研究所、「駅すぱあと」の広告サービスに新たなセグメントを追加

 ヴァル研究所は9月19日、乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」の広告サービス「駅すぱあと広告」において、グルメフェスやフードイベントへの参加を好むユーザーを対象に広告を配信できる「グルメフェス好きセグメント」の提供を開始した。

「グルメフェス好きセグメント」配信イメージ
「グルメフェス好きセグメント」配信イメージ

 「駅すぱあと広告」は、iPhone・Androidで累計860万ダウンロード(2018年9月時点)を超えるアプリ「駅すぱあと」のユーザーの経路検索データを活用し、ユーザーの生活圏や行動情報を独自にセグメントするターゲティング広告。

 今回、同広告に新たに追加されたセグメントでは、野外のグルメフェス(フードイベント)に参加することが多いユーザーを抽出できる。これにより、野外イベントの告知・集客や、アウトドアレジャーなどに向けた商品・サービスの提案など、様々なアプローチが可能になる。同社が行ったテスト配信では、通常配信に対してCTRが160%という結果が得られた。

【関連記事】
エイジア、ヴァル研究所と連携 「駅すぱあと」の顧客データを活用したソリューション構築を目指す
天気や気温に合わせた広告配信!ヴァル研究所、「気象連動型広告」をリリース
乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」、広告メニューに「出張セグメント配信」を追加
「駅すぱあと」、ビジネスパーソンの通勤時間に合わせた広告配信メニューを提供開始
移動情報からユーザーのペルソナを推定、「駅すぱあと」新オーディエンスターゲティング広告を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/19 16:30 https://markezine.jp/article/detail/29290

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング