SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

商品購買情報×クレジットカード情報で「生活者のニーズ」を見える化!セディナとTrue Dataが連携

 SMBCグループのセディナは、True Dataと業務提携し、メーカーや流通小売企業等を対象に、生活者の商品購買情報とクレジットカード情報を掛け合わせたビッグデータを活用する、データマーケティングサービスを2018年10月17日より提供開始することを発表した。

 セディナは、約1,600万人のクレジットカード会員情報を保有しており、提携先・加盟店の自社購買情報の他、外部での利用情報まで把握できる。また今後は、クレジットカード事業のみならず、信販事業・ソリューション事業におけるデータまで、活用範囲を広げていく予定だ。

 一方True Dataは、ドラッグストア、スーパーマーケットにおける日々の購買情報を5,000万人分保有している。このデータをもとに統計化した生活者の商品購買情報(ID-POS情報)を活用して、メーカーや小売業をはじめとする様々な企業へデータマーケティングサービスを提供している。

 両社は、それぞれの保有するデータを掛け合わせることで、これまで自社情報だけでは摑みきれなかった生活者のニーズを見える化。データ分析による課題発見から、施策展開、店舗送客までのデータマーケティングに関わる一連の業務をワンストップで支援していく。

サービスイメージ
サービスイメージ

(※)分析で使用する情報等の取り扱いにおいては、個人を特定できる形では提供しない。

【関連記事】
カード会社のセディナ、ISIDとトランスコスモスのサービス導入~Webでの顧客サポートを強化
ニールセンとTrue Dataが提携 小売企業向けに分析ソリューションを展開
ヤフー、保有するビッグデータを活用した実証実験を開始 ユーザーへの便益創出&企業の課題解決へ
企業のビッグデータを“価値ある情報”に転換!インテージ、米DataRobotとパートナー契約を締結
マクロミル、横浜市立大学と「データサイエンス共同研究室」を設立/企業のビッグデータ利活用を促進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/11 12:30 https://markezine.jp/article/detail/29433

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング