SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三陽商会とABEJAが提携 小売り・流通業界のデジタル化を促進し、AIを活用した顧客体験の創出へ

 三陽商会は10月30日、AIを活用した新たな顧客体験の実現および小売り・流通業界におけるテクノロジー活用の推進に向け、ABEJA(アベジャ)と業務提携を結んだ。

 ABEJAは、ディープラーニング技術を活用し、多様な業界・シーンにおけるビジネスのイノベーションを促進する企業。PaaS(Platform as a Service)「ABEJA Platform」をもとに、2015年から小売り・流通業界向けの店舗解析サービス「ABEJA Insight for Retail」を提供している。

 三陽商会は、バリューチェーン全領域におけるデジタルトランスフォーメーションの推進を経営改革戦略の要としている。2018年2月より、「LOVELESS」「MACKINTOSH PHILOSOPHY」「EPOCA THE SHOP」など主要ブランドの旗艦店19店舗に同サービスの導入を進めてきた。

 今回、購買プロセスにおける顧客・購買データの一元化やAIによるデータ活用の推進、小売り・流通業界のデジタルトランスフォーメーション促進といった両社の目的が合致したことで、業務提携が実現。今後は、店頭での接客やマーケティングなどにおいて、複数の観点から仮説検証を行っていく。

【関連記事】
三陽商会、ECサイトにサイジニアの画像解析レコメンデーションサービスを導入 購買率は約3倍に
三陽商会とNTTデータ「SANYOオムニチャネル基盤」を構築、hybrisのソリューションがベースに
CA、ABEJAと合弁会社を設立~広告から集客、購買までのワンストップ分析を可能に
AIの継続的インテグレーションを実現!「ABEJA Platform」正式版がリリース
ABEJAと武蔵精密工業が協業~ディープラーニング技術を活用した検品自動化に関する実証実験を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング