SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビズリーチ、経営者向けメディア「BizHint」のアプリに「KARTE for App」を導入

 人材領域を中心としたネットサービスを運営するビズリーチは、経営者向けメディア「BizHint(ビズヒント)」において、プレイドのCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」を導入した。

 「BizHint」は、人材や組織をテーマにした独自のコンテンツを配信するメディア。2016年8月のサービス開始から1年半で、月間ユニークユーザー数100万人・会員数8万人(2018年11月時点)を突破している。

 同メディアでは、広告枠の設置場所やクリエイティブの仕様を柔軟にチューニングできる仕組みの構築と、記事を閲覧するユーザーの興味・関心にもとづく広告施策の最適化に課題を抱えていた。

 「KARTE for App」を導入することでビズリーチは、アプリにおける広告枠の設置場所を検討し、広告効果の最大化を図る。その他、様々なアプリ施策においても同プラットフォームを活用し、マーケティングの最適化につなげていく考えだ。同メディアのWebサイトでは既に「KARTE」が導入されており、同ツール内で蓄積されたユーザーの行動データを、アプリ施策に活用することもできる。

【関連記事】
プレイドが総額約27億円の資金調達を実施 「KARTE」におけるアプリ領域への事業拡大などが目的
プレイドのKARTE、ウェブ接客プラットフォームからCXプラットフォームへ進化
Webとアプリを横断してCXを最適化 プレイド、アプリ向けに「KARTE for App」をリリース
サイト間で分断されていた個客体験をつなぐ!プレイド、「KARTE CX CONNECT」をリリース
オールアバウト、Web接客プラットフォーム「KARTE」と連携~オーディエンスデータの連携を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング