SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

他社のマーケツール利用状況を可視化!日本経済社、「Datanyze」を販売するインターアローズと提携

 日本経済社は1月10日、米Datanyze(データナイズ)が提供するテクノロジーデータソリューション「Datanyze」のアジアパシフィック地区総販売代理店であるインターアローズと、同ソリューションの日本国内販売に関する業務提携を本格稼働した。

「Datanyze」で取得されるデータ

 「Datanyze」は、高度な情報収集技術を用いることで、「どの企業が、いつどのようなテクノロジーツールを導入したのか」を分析するソリューション。現在、世界で1,000社を越えるIT・テクノロジーベンダー企業の営業およびマーケティング担当者に広く利用されている。

「Datanyze」利用イメージ

 同ソリューションを利用することで企業は、たとえば、自社サイトに新たなツールの導入を検討している場合、候補となるツールをどの企業が採用しているかを調べることで、実績のあるツールを選定することが可能になる。

 他にも同ソリューションでは、登録したツールの導入・解約状況を毎日メールで受信できる「アラート(お知らせ機能)」や、既存顧客プロファイルの相関から商談効率の高い見込み客リストを作成する「プリディクト(見込み客予測分析機能)」などが実装されている。

【関連記事】
日本経済社、パブリックアイデンティティを買収 デジタル事業のほか人材開発も強化
日本経済社とジーニー、MAツール「MAJIN」にLINE連携機能を追加
日本経済社、Google Analyticsを活用したCRM傾向分析パッケージの販売を開始
ヤフー、企業DB・IPアドレスと連携した「BtoBターゲティング広告」を提供開始
ログリー、ビルコムと合弁会社「クロストレックス」を設立 BtoB企業のコンテンツマーケを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/10 13:45 https://markezine.jp/article/detail/30096

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング