MarkeZine(マーケジン)

記事種別

バナー広告より「動画広告」に不快感/よりエンゲージメントにつながるのは?【ジャストシステム調査】

2019/02/22 11:00

 ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「動画&動画広告 月次定点調査(2019年1月度)」の結果を発表した。

スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」

 スマートフォンで「バナー広告(静止画の広告)」と「動画広告」の両方を見掛けた人のうち、「動画広告より、バナー広告に不快感を持った」人は10.9%、「どちらも同じくらい不快だった」人は31.9%、「バナー広告より、動画広告に不快感を持った」人は18.7%という結果に。

 「どちらも特に何も感じなかった」人も36.8%いる一方で、「バナー広告」より「動画広告」に対して不快感を持つ人のほうが多いことがわかった。

「バナー広告」は「動画コンテンツ視聴前後の動画広告」よりもエンゲージメント率が高い

 スマートフォンで見掛けた広告の中で、「何らかの態度変容(エンゲージメント)につながった」と答えた人の割合(「購買やクリックなど何らかの行動につながった」「内容に興味を持った」の合計)が最も高かったのは、「SNSなどのタイムラインに表示される動画広告」(32.3%)だった。

 また「動画コンテンツ視聴前に表示される動画広告」の場合は25.0%、「動画コンテンツ視聴後に表示される動画広告」は26.0%、「バナー広告」は29.6%という結果に。

 「動画コンテンツ視聴前後に表示される動画広告」よりも、「バナー広告」のほうがエンゲージメント率が高いことがわかった。

レシピ動画アプリの利用率トップは「クラシル」

 レシピ動画アプリを利用している人に、利用中のアプリを聞いたところ、「クラシル」が最も多く(50.0%)、次いで「DELISH KITCHEN」(45.6%)、「cookpadTV」(35.3%)という結果に。「クラシル」は2018年1月度調査(48.0%)と比べて2ポイント伸長し、2019年1月度調査では最も利用されているレシピ動画アプリとなった。

【調査概要】
調査期間:2019年1月22日(火)~2019年1月29日(火)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17~69歳までを5歳ごとに、男女それぞれ50名ずつ割り付けて回収(合計1,100名)
調査方法:セルフ型ネットリサーチFastaskでのアンケート調査

【関連記事】
「No.1表示」の広告はどんな印象?購入意欲に「影響する」と感じる人の割合は?【マクロミル調査】
ネット閲覧履歴に基づく広告に半数が不快感 アドブロッカーの利用は30代で増加【ジャストシステム調査】
「Instagramのインフィード広告に不快感を覚える」という回答が微増【ジャストシステム調査】
キャンペーンの「オンターゲット率」、モバイルとPCで最大約10%の差に【ニールセン デジタル調査】
クチコミ起点の購買・来店率、トップは「食料品」/SNS別の購買転換率は?【AMN調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5