SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス、MarkPlusと業務提携 コトラーが提唱する「5A」尺度を日本国内で独占的に使用

 トランスコスモスは、マーケティングに特化したコンサルティング企業であるMarkPlusと業務提携したことを発表した。

 MarkPlusの創業者であるヘルマワン・カルタジャヤ氏は、フィリップ・コトラー氏などと並び“50 Gurus Who Have Shaped the Future of Marketing”と評価されており、『コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則』(朝日新聞出版)の共同執筆者でもある人物だ。

 今回の業務提携により、トランスコスモスは、同書で提唱されている新たなマーケティング概念である「5A」の測定尺度を日本国内で独占的に使用し、新たなロイヤルティマーケティングサービスを提供していく。

 「5A」とは、コトラー氏が提唱する接続性時代のカスタマージャーニーで、A1(認知:AWARE)、A2(訴求:APPEAL)、A3(調査:ASK)、A4(行動:ACT)、A5(推奨:ADOVOCATE)を表す。これは、消費の意思決定が個人単独ではなく、様々な意見に基づいた「共同意思決定」であることが表現されたコンセプトである。

 この5Aの考え方に沿った新しい効果測定指標として、同書では、PAR(Purchase Action Ratio:購買行動率)とBAR(Brand Advocacy Ratio:ブランド推奨率)の二つの指標が提唱されている。この指標により、企業がブランド認知をブランド購買にどのくらい「コンバート」できているか、ブランド認知をブランド推奨にどのくらい「コンバート」できているかを評価できる。

 トランスコスモスは、デジタルマーケティングなどのアウトソーシングサービスに「5A」尺度を組み合わせた新たなサービスを開発し、ヘルスケア・製薬・医療・インシュアランス・流通・小売りなど、幅広い業界へのサービス提供を目指していく。

【関連記事】
トランスコスモス、「リターゲティング広告最適化AI」を活用した広告運用サービスを開始
トランスコスモス技術研究所、Shopifyとパートナー締結 MAなどとの連携機能の開発にも着手
トランスコスモス、QRコードなどからAR体験に誘導できる汎用型アプリを提供
トランスコスモス技術研究所、「HubSpot」の導入支援を開始 顧客ロイヤリティ向上をサポート
運用~マネタイズに対応!トランスコスモスとリボルバー、コンテンツマーケ支援プランの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/14 13:00 https://markezine.jp/article/detail/30615

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング