MarkeZine(マーケジン)

記事種別

企業情報×リード情報の有効活用が壁を乗り越えるカギ シャノンが提案するデジタル×アナログ戦略の新機軸

2019/04/05 11:00

 「SHANON BtoB Marketing Conference」が3月12日、都内で実施された。冒頭に行われた基調講演のタイトルはイベント全体のテーマでもある「つながるマーケティング」。基調講演に登壇したシャノンの代表取締役社長 中村氏は、“つながる”をキーワードにマーケティング領域における課題に対して、自分たちがどう貢献していくのかを具体的に示した。

目次

毎月アップデートを重ねサービスを磨き上げている強み

 冒頭「SHANON BtoB Marketing Conference」には、当日までに1,200人超の事前登録が寄せられたことに謝意を述べた中村健一郎氏は現在約150人の従業員数にまで成長した同社の事業について紹介。

株式会社シャノン 代表取締役社長 中村健一郎氏
シャノン 代表取締役社長 中村健一郎氏

 シャノンでは、マーケティングオートメーション(MA)およびイベントマーケティング(EM)に特化したサービスを提供しており、BtoBだけでなくBtoCを問わず多彩な分野・業種で採用されている現状について説明があった。

講演資料より掲載、以下同
講演資料より掲載、以下同

 「2015年にリリースした『シャノンコネクト』をベースに2016年に『クレンジング』、2017年に『シナリオ』、2018年に『シャノン名刺』というように過去10年以上にわたって毎月、アップデートと機能強化・追加を継続してきたのが当社の強みの1つです。

 特に『シナリオ』機能はデジタルとアナログの施策を組み合わせながら直感的に簡単な操作で総合的な施策のシナリオが描けるのが大きな特徴で、展示会やイベント実施後のフォローなど顧客とのリアルなコミュニケーションを想定して構築できます。

 また『シャノン名刺』は既存の顧客データと連携させ、商談の機会を増やすことを目的に開発した機能で、一般的な名刺管理ソフトやツールと比べて最大50%オフという低コストを実現しています」(中村氏)

業務提携やパートナーとの連携も加速

 次いで毎月、アップデートを重ねてきたSMPの最新の取り組みとして紹介されたのが今年1月22日に報道発表された富士通コミュニケーションサービスとの業務提携だ。

 「富士通コミュニケーションサービス様に『カスタマーエンゲージメントセンター』という部署が設けられ、SMPの導入・活用・運用にあたってのサポートを専門に手がける新しい取り組みも開始しました。

 シャノンがめざすのは、“テクノロジー”と“サイエンス”で、企業のマーケティングの課題を解決する会社になることです。そのためにアップデートや機能強化・追加だけにとどまらず、協業やパートナーとの連携などを通して、新しい価値を提供しつづけていくことにも今後さらに注力していきます」(中村氏)

 さらに進化するSMPの最新の取り組みとしてこの日、初めて公表されたのがウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard Cloud(以下、MotionBoard)」との連携によるマーケティングデータの可視化サービスだ。

 「この場で初めて発表するものですが、シャノンのSMPのデータを『MotionBoard』と連携させることで過去のデータとの比較や推移をわかりやすく表示させるという取り組みです。

 2019年夏のリリースをめざして現在、連携と開発に取り組んでいる段階ですが、マーケティングに役立つデータをさらに使いやすく可視化することで次の施策へとスピーディーにアクションを実現するサービスを予定しています」(中村氏)

 次いで中村氏が語ったのが、イベントと基調講演のテーマに共通する「つながる」をキーワードにした同社の取り組みと、企業とビジネスを成長させるマーケティングのためのヒントだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5