MarkeZine(マーケジン)

記事種別

資生堂、アリババグループと戦略業務提携を締結 中国・杭州に「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設

2019/04/02 15:15

 資生堂は、資生堂(中国)投資を通じて、Alibaba Group Holding Limited(以下、アリババグループ)と戦略業務提携を締結した。

 またこの提携の実行のため、中国浙江省・杭州のアリババグループ本社の近隣に、同社との提携業務に特化した「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設した。アリババグループとのパートナーシップを強化するために専用オフィスを開設するのは、日本企業および全世界の化粧品会社で初の試みとなる。

 今回の戦略業務提携の締結によって、資生堂の研究開発力と、アリババグループの持つビッグデータと消費者インサイトを融合することにより、商品開発、ブランドマーケティング、Eコマース、CRM等の幅広い領域を強化する。これにより、中国市場向けの新商品開発や、中国の消費者のニーズに適したサービス提供を行い、若年層などの新たな顧客層の獲得を目指す。

 資生堂は、共同開発商品の第一弾として、ヘア・ボディケアブランド「アクエア(AQUAIR)」より、シャンプーとトリートメントを2019年9月からアリババグループのTmall(天猫)で独占販売する。同商品は、アリババグループの天猫新商品開発センター(TMIC)と連携し、7億人近くの消費者のビッグデータを活用した商品開発プロセスにより実現したもの。今後は共同開発する商品をさらに拡充し、アリババグループとのアライアンスを強化していく。

【関連記事】
資生堂、フィリピンで合弁会社を設立 東南アジアでのマーケティング投資を加速
資生堂ジャパン、NKBと「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を実施
アイスタイルと資生堂「ワタシプラス」の協業プロジェクトが始動 コト軸でコンテンツ・体験を提供
テレビCMと動画広告の最適な接触回数とは? CyberBullと資生堂ジャパンが共同検証を実施
資生堂が米国ベンチャー企業Giaranを買収~AIを活用しパーソナライゼーションの強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5