MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日比谷花壇がYextのクラウドプラットフォームを導入 Web上に存在する複数の店舗情報を一元管理

2019/05/09 08:00

 日比谷花壇は、全国約90の小売店舗の営業時間や所在地などの情報を一元管理するツールとして、Yext(イエクスト)が提供する「Yext Knowledge Manager」を導入した。

 Yext Knowledge Manager上で管理する情報は、そのまま自社のWebサイトや、Googleマップ、Appleマップなど、Yext Knowledge Managerと統合されたプラットフォームに反映されるため、企業はWeb上に存在する複数の店舗情報を一括で更新することが可能になる。

【関連記事】
画像解析で来店客の属性などを可視化!ショッパーズアイ、店舗情報解析サービスの提供を開始
サイバーエージェントの「AIR TRACK」、位置情報×店舗情報で広告配信行う機能を追加
CAが位置情報の広告活用を強化、Googleマップ等で表示される店舗情報を一括管理するサービス提供
ヤフーとipocaが業務提携~「Yahoo!ロコ」内で9,000店舗以上の商品関連情報が閲覧可能に
LINE@、ワンコインランチ情報誌「ランチパスポート」と提携へ~店舗情報の相互連携スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5