MarkeZine(マーケジン)

記事種別

次世代PRのために、「次の当たり前」を作りたい

2019/05/24 14:15

 広告・マーケティング業界で活躍する人物の職業人生、キャリアを伝える本連載。今回は、FIREBUGの木村真依氏を紹介する。約10年間勤めたクックパッドでは、ベンチャーからマスブランドへ成長する過程で、データドリブンなPR手法を構築していった同氏。現在は、PRにともなう課題を解決したいと新規事業開発にチャレンジ中だ。「人の役に立ちたい気持ち」が原動力と話す、木村氏のキャリアを振り返る。

目次

※本記事は、2019年5月25日刊行の定期誌『MarkeZine』41号に掲載したものです。

他者への貢献がキャリア選択の要

株式会社FIREBUG PR Solutions Dept. ゼネラルマネージャー/コーポレートPR管掌 木村 真依(MaiKimura)氏
新卒でマクロミルへ入社後、クックパッドへ。マーケティング支援事業開発・セールスに従事し、2011年にはセールスMVPと全社MVPに。2013年よりPRの専任となり、クックパッドのビッグデータを生かしたPR手法で、同社の成長に寄与。2017年にマーケティング・PRとしてジーユーへ転職後、2019年1月より現職。新規事業「P-NEWS」(https://www.pnews.jp)の事業責任者を含め、PRソリューション事業全体のマネジメントを担当する。

――これまでのキャリアを教えてください。

 私のキャリアのベースには、常に「人の役に立ちたい」という強い思いがあります。大学では経営学部でホスピタリティマネジメントを学び、ホテルでベル業務のインターンを経験しました。このインターンで感じた挫折や喜びが、より多くの人の役に立ちたいと視野を広げさせ、市場形成や事業の仕組み作りにも関わるマーケティングへの興味につながりました。新卒でマクロミルへ入社した理由も、これからスタンダードとなるインターネット調査を用いて、リサーチの領域からマーケティングの支援ができると考えたからです。マクロミルでは、調査設計や集計分析、クライアントへのご提案までと、データを重視したマーケティングやリサーチの基礎を学びました。

 クックパッドへ入社したのは、ユーザー数200万人、社員30人と同社がまだスタートアップであった頃。クックパッドとマクロミルが共同開発した食の検索データサービス「たべみる」をきっかけにサービスを知り、「毎日の料理を楽しみにすることで心からの笑顔を増やす」という疑いようのないビジョンに共鳴。また、食というパワーコンテンツでインターネットとの親和性が高く、ユーザー投稿型で豊富なレシピや検索データが集まる点に、ビジネスとしての可能性を感じました。さらに、オンラインで様々なレシピを簡単に見られる新しさ、そして世界中のすべての方に役立つサービスへ成長していくポテンシャルに、惹きつけられました。

 クックパッドでは、マーケティング支援事業開発、セールスを経て、PRやマーケティングに長く関わりました。スタートアップから、月間ユーザー数6,000万人を超えるサービスへと成長していく過程に関われたことは、かけがえのない経験です。PRに求められることの変化、メディアとのリレーション作りの大切さを走りながら学び、形にしていった10年間を過ごしました。まさに“育てた”一員として愛着があるクックパッドですが、それでも転職を選んだのは、新しいチャレンジをしたかったから。働きたいと考えていた環境は、日常生活の中にあり、生活者に寄り添う衣食住のサービスやプロダクトを持った、海外市場のトップをも目指せるマスブランドであること。ジーユーとご縁があり、約2年マーケティングとPRを担当しました。


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5