MarkeZine(マーケジン)

記事種別

増えるネット利用 シニア世代が今、求めるモノ

2019/05/24 14:45

 近年、シニア世代のECサイト利用者が着実に増えています。スマートフォンを使いこなすシニア層も拡大しており、将来的にはネット市場に大きな影響を与える存在になっていくことが予想されます。今回は最新の日本のインターネット利用状況を読み解き、シニア層に訴求するためのネットサービス・デジタル広告のポイントについて解説します。

目次

※本記事は、2019年5月25日刊行の定期誌『MarkeZine』41号に掲載したものです。

進化する“デジタルシニア”

 頻繁に買い物に出かけることができないシニア世代にとって、大きな助けとなっているネット通販。ECサイトは若い世代の人たちが利用すると思いがちですが、近年、シニア世代の利用者も着実に増えています。総務省の「家計消費状況調査」によると、2018年時点のネットショッピングの利用率(2人以上の世帯)は39.2%、そのうち65歳以上の高齢者世帯においては21.1%となっています。高齢者世帯では2007年の7.0%と比較すると、11年間で約3倍にまで伸長しました。日頃から家族とLINEで連絡を取り合うなど、スマートフォンをバリバリ使いこなすシニア層も最近では珍しくなく、将来的にはネット市場に大きな影響を与える存在になっていくことが予想されます。

 では、シニア層に訴求するためのネットサービス・デジタル広告には何が必要なのでしょうか。今回、最新の日本のインターネット利用状況を改めて追った上で、その中でインターネットを利用する60歳〜69歳をシニア層として、インテージが提供する分析サービス「生活者360° Viewer」のデータを使って、メディア接触状況、生活意識、価値観などを探ってみます。

▶調査レポート
「増えるネット利用 シニア世代が今、求めるモノ」(Intage 知る gallery)


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5