SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook、Messengerでの仮想通貨送金サービスを発表 ターゲティング広告には利用せず

 Facebookは金融サービスの提供を目的として設立した新会社Calibra(カリブラ)と同名のデジタルウォレット計画について発表した。デジタルウォレット「Calibra」は、Messenger、WhatsApp、および専用アプリ上で利用可能で、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨「Libra」の貯金・送金・使用ができる。リリースは2020年予定。

 特定の場合を除き、Calibraは事前の同意なしに、アカウント情報や金融情報をFacebook社や他の第三者と共有しない方針で、FacebookやFacebookファミリーアプリのターゲティング広告にも使用されないという。

 Calibraを使った体験は下図のような流れになる。

ホーム画面、メッセージ付き送信フロー、確認画面
ホーム画面、メッセージ付き送信フロー、確認画面

 サービス開始後、Calibraは銀行やクレジットカードと同じ認証・詐欺防止プロセスを採用し、自動化されたモニタリングシステムが、詐欺行為を検知・防止する。

 また、万が一利用者が携帯電話をなくしたり、パスワードを忘れたりした場合に備えて、専任のライブ・サポート体制を用意する。仮に、誰かがアカウント情報を悪用し利用者のLibraが使用された場合、元の利用者にLibraを返すという。

【関連記事】
仏Arianee、ブロックチェーンを活用したブランド品偽造対策のツールを開発 所有者のCRMも可能に
VisaとLINE Pay、デジタル決済対応カードを提供 Visa加盟店でLINE Pay利用可能に
LINE、ブロックチェーンの研究・開発を行う専門組織「LINE Blockchain Lab」を設立
不快な広告への対処法、Facebookでは女性の4割強が非表示にした経験あり【ジャストシステム調査】
Facebook、ストーリーズ広告の提供を開始 Messenger内のストーリーズ広告配信も視野に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/19 12:35 https://markezine.jp/article/detail/31360

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング