SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ3社、物販系ECプラットフォームの広告費を発表 成長率はネット広告媒体費全体を上回る

 D2C、サイバー・コミュニケーションズ、電通の3社は、「日本の広告費」に関連する市場把握の一環として、「物販系ECプラットフォーム広告費」の調査を実施し、結果を発表した。

 今回の調査は、BtoCのEC市場において最も規模が大きい「物販系分野のECプラットフォーム広告費」に特化し、そのプラットフォーム上で取り引きされる広告の年間取引額を推計。具体的には、生活家電・雑貨、書籍、衣類、事務用品などのECプラットフォームにおける広告費が対象となった。

 調査の結果、「物販系ECプラットフォーム広告費」は2018年に1,123億円(前年比120.6%)に達しており、2019年には前年比128.3%の1,441億円にまで成長する見通しにあることが明らかになった。

「物販系ECプラットフォーム広告費」の推移
「物販系ECプラットフォーム広告費」の推移

 なお2018年実績の伸びは、ネット広告媒体費全体(1兆4,480億円)の伸長率(前年比118.6%)を上回るものであり、2019年予想においても、ネット広告媒体費全体(1兆6,781億円)の伸長率(前年比115.9%)を大きく上回る成長が見込まれている。

【調査概要】
調査主体:D2C、サイバー・コミュニケーションズ、電通
調査機関:ビデオリサーチ
調査時期:2019年6月
調査方法:「日本の広告費」の関連調査として、ECプラットフォーマーを中心とした事業者各社に郵送によるアンケート調査を実施。また、各事業者への追加のヒアリング調査や電通グループ保有の各種データと組み合わせた分析・推計を行った。

【関連記事】
大塚家具、バーチャルショールームの第三弾「SOHO GALLERY」公開 ECサイト経由で購入も可能
男女1万人に聞く、平成の消費観を変えたもの 「携帯・スマホ」「EC」が最多回答【博報堂生活総研調査】
アリババの「618商戦」、越境EC部門では花王キュレル、小林製薬、任天堂が売上増加率上位に
アドウェイズとラクーンコマースが包括業務提携へ 中国越境ECの販売や配送、プロモーションを支援
「CASH」運営のバンクが「モノ払い」決済をECに提供 お金がない顧客にも「物々交換」で販売可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング