SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEリサーチ、新メニュー「生活圏パネル」を提供 自宅や勤務地などを基にした配信が可能に

 LINEは、同社が提供するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において、生活圏を基にした配信が可能な「生活圏パネルリサーチ」の提供を開始した。

 同プラットフォームの「生活圏パネル」には約65万人が含まれ、このうち関東エリア(一都三県)19万人、関西エリア(二府四県)11万人、福岡エリア5万人に対しては、自宅や勤務地、学校が所在する路線や最寄り駅のほか、利用頻度の高い路線や最寄り駅に基づいた配信が可能だ。

 「生活圏パネルリサーチ」の利用例には、新規出店時の商圏調査や既存店舗の利用実態把握調査、屋外広告および交通広告の広告効果測定調査などが挙げられる。

「生活圏パネルリサーチ」の利用例
「生活圏パネルリサーチ」の利用

 なお「生活圏パネル」には、市区町村を回答した10代および20代のユーザーが約18万人、学校が所在する駅や路線を回答した10代および20代のユーザーが約5万人含まれている。

 同社は今後「生活圏パネルリサーチ」を、関東や関西、福岡以外のエリアにも展開していく予定だ。

【関連記事】
ANA、LINE、ドコモなど5社、LINEで注文・決済した海産物をドローンで運搬する検証を実施へ
LINEと飲食店集客サービスのBespo、AIを利用した音声自動応答サービスの実証実験に向け協議へ
LINE、定額制でクリエイターズスタンプが使い放題になる「LINEスタンプ プレミアム」をリリース
LINE Pay、企業から個人への送金サービスを提供 CAMPFIREの「polca」などに導入へ
ネット利用環境「スマホのみ」が5割超と最多に 15~19歳のスマホとPC併用は半減【LINE調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/31 13:30 https://markezine.jp/article/detail/31688

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング