MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYグループの「TV Cross Simulator」、ヤフーの主要な動画広告に対応

2019/09/06 11:00

 博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、博報堂DYホールディングスの3社は、テレビCMとオンライン動画広告による広告効果を予測するプラニングツール「TV Cross Simulator」において、ヤフーが提供する主要な動画広告への対応を開始した。

 同ツールはテレビCMとオンライン動画広告をクロスメディアで出稿し、マーケティング効果の最大化を図ることができる。

 今回対応したのは、「Yahoo! JAPAN ブランドパネル クインティ(動画)」「スマートフォン版Yahoo! JAPAN ブランドパネル(動画)」および「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN) 動画広告(インフィード枠用)」の3種類。

 これにより、テレビCMとヤフーの主要な動画広告をクロスメディアでプラニング可能に。ターゲットリーチの獲得や商品認知の向上といったブランディング指標において、効果的な広告出稿を実現できる。

 なお今回の連携に関して、ヤフー、ビデオリサーチインタラクティブおよびデルタバリューズによる協力のもと、効果検証が行われている。

【関連記事】
ソフトバンク、博報堂およびArm、データ活用による企業の変革を支援するインキュデータ社を設立
博報堂DYグループの広告効果予測プラニングツール、Amazon Video Adsの取り扱いを開始
博報堂DYMPとDAC、動画広告の最適化を継続的に支援するコンサルティングサービスを提供開始
ネットプロテクションズ、博報堂DYホールディングスと資本業務提携 クレジットテック領域の研究を推進へ
出産を後悔した事があるママは4割以上 8割に離婚検討経験あり【博報堂こそだて家族研究所調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5