SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2019 Autumn(PR)

「顧客データの40%は活用できる状態ではない」Sansanがデータマネジメントのポイントを解説

 顧客データの重要性が語られて久しいが、「部署ごとにデータが最適化され、統一されていない」「データが重複している」など、活用には課題が山積みだ。9月12日・13日に行われた「MarkeZine Day 2019 Autumn」では、Sansanの里見啓太氏が登壇。「デジタルマーケティングを成功に導く顧客データマネジメントのポイント」と題した同氏のセッションでは、多くの企業が抱える顧客データの課題と、その解決策が語られた。

DXにともない大きく変化する「購買プロセス」

 法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と個人向け名刺アプリ「Eight」という2つの名刺管理サービスを提供するSansan。「MarkeZine Day 2019 Autumn」に登壇した里見啓太氏は、Sansanの新ソリューションである「Sansan顧客データHub」(以下、「顧客データHub」)のプリセールスを担当し、顧客に対して、営業技術の立場で課題解決のための提案を行なっている人物だ。

 里見氏は、「今、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)により、顧客の購買プロセスには大きな変化が起きています」と語る。DXとは、テクノロジーの利活用によって新たなサービスを生み出していくという考え方で、ビジネスの根幹を揺るがす大きな変化として注目されている。

 たとえばタイヤメーカーのミシュランでは、運送会社のトラックとタイヤにセンサーを付けることで、燃料消費量やタイヤの空気圧、気温、スピード、ロケーション情報等をクラウド上で管理できる新たなサービスを展開。ユーザーに「燃費の良い走行体験」という新たな体験を提供するとともに、タイヤに異常が発生した際には、運送会社など関係各所へ通知を送り、トラックの運行が遅延するリスクも大幅に軽減させている。

Sansan株式会社 Sansan事業部 データソリューションアーキテクト 里見啓太氏
Sansan株式会社 Sansan事業部 データソリューションアーキテクト 里見啓太氏

 里見氏はこうしたDXの流れにより、「顧客の購買プロセス」に大きな変化が起きていると述べる。

 「たとえば、以前は顧客から問い合わせがあった際には、企業の営業担当者が直接出向き、サービス紹介をしていました。つまり、営業担当者が購買プロセスを管理することができたのです。しかし、オンラインチャネルが普及したことにより、顧客は自身で製品やサービスの情報調査を行い、比較検討ができるようになりました。また顧客同士でつながり、情報交換することも可能になりました。そのため、今や営業担当者が顧客に会う頃には、“購買プロセスの約半分は終了している”状態なのです」(里見氏)

DX時代以前と以後の購買プロセスの変化(当日の投影資料より/以下同)
DX時代以前と以後の購買プロセスの変化(当日の投影資料より/以下同)

 こうした状況に対応するためには、顧客がオンラインでの情報収集を行っている段階で、企業として適切なアプローチをし、競合他社の優位に立つ必要がある

 「以前のマーケティングアプローチは、企業が新サービスの情報などを不特定多数に向けて発信する一方向的なものでした。しかしこれからは、顧客と企業が双方向でやり取りをするマーケティングアプローチが重要になります。そして、そのために必要なのが“顧客データ”の活用です」(里見氏)

次のページ
BtoB企業が保有する「顧客データ」の40%は活用できる状態ではない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2019 Autumn連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング