SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カタリナ、クーポンコンテンツをLINEクーポンで提供へ 実店舗購買履歴に基づくパーソナライズも視野に

 カタリナ マーケティング ジャパン(以下、カタリナ)とLINEは協業し、「LINE」内「LINEクーポン」でのカタリナのクーポンコンテンツ提供を開始する。第一弾として、ドラッグストアチェーン「ココカラファイン」の全国1,300を超える店舗で使える日用品、化粧品、食品飲料などの一般消費財のクーポンを提供する。

 カタリナは、大手スーパーマーケット、総合スーパー(GMS)、ドラッグストアなど、1万を超える全国の小売店舗でカラープリント方式の「レジ・クーポン」を提供しメーカーの店頭プロモーションを支援してきた。新たに、国内で月間8,100万人が利用する「LINE」内「LINEクーポン」上でクーポンコンテンツを提供することでデジタル領域でのサービス拡充を図る。

 「LINEクーポン」は「LINE」アプリ内「LINEウォレット」トップ画面や公式アカウントなどの流入導線でクーポンコンテンツを案内。ユーザーは、商品別、小売店別でクーポンコンテンツを検索することができ、気になるクーポンを「お気に入り」ページにブックマークすることができる。使用する際には店頭でバーコードを表示し、レジキャッシャーでの読み取りをしてもらうことで、クーポン金額が値引きされる。

 今後は、カタリナネットワークの購買履歴データ等を活用し、クーポンのパーソナライゼーションや、ロケーション情報を利用したプッシュ通知機能、POSデータとの連携強化によるユーザービリティの改善・効果検証など、順次サービスの拡充や、「LINE ウォレット」上の「LINE Pay」や「LINEポイント」、LINE公式アカウントなどとの連携についても計画されているという。

【関連記事】
エブリー、カタリナと業務提携 実購買につながるO2Oマーケティング施策の実現へ
デジタルインテリジェンスとカタリナが提携 テレビCM×デジタル×店舗クーポンでマーケ投資を最適化
ロクシタンジャポンLINE公式アカウント、スタンプラリー&プレゼント・クーポン提供機能を実装
Payke、アプリ内で広告配信やクーポン配信ができる「Payke Ad」をリリース
SmartNewsの「クーポンチャンネル」、利用数が1億回を突破/閲覧は累計で20億PV超え

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング