SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

3つのステップで休眠ユーザーをロイヤル化 イスラエル発のモバイルアドテク企業・YouAppiの挑戦

 モバイルアプリのマネタイズは、インストールしてもらってからが本番だ。せっかく広告費を投じてダウンロードを促すことに成功しても、使わないアプリはすぐに削除されてしまう。そこで、休眠ユーザーを呼び戻し、アクティブ率を向上させる“人工知能型アプリ広告配信プラットフォーム”を提供するのがイスラエル発のアドテク企業YouAppi(ユーアッピ)である。イスラエルより来日したCEO、プロダクトマネージャーを交え、ユーザーエンゲージメントの向上を実現するプロダクト「Re-Engagement」開発の狙い、独自の強みを聞いた。

収益向上には既存ユーザーへの施策が重要

MarkeZine編集部(以下、MZ):はじめに、YouAppi(ユーアッピ)の事業内容と皆様の自己紹介をお願いいたします。

モシェ: YouAppiは「人工知能型アプリ広告配信プラットフォーム」を提供する、モバイルアドテク企業です。技術大国イスラエルの最先端のAI(機械学習)とビックデータ解析技術を駆使し、良質なユーザーの獲得、および既存ユーザーとのエンゲージメント構築を支援しています

YouAppi CEOモシェ・ヴァクニン氏
YouAppi CEO モシェ・ヴァクニン氏

ヒリット:アプリマーケティングの領域では、近年「新規ユーザーの獲得」以上に「既存ユーザーとのエンゲージメント構築」を課題視する企業が増えています。どのようなアプリでもリリースから時間が経つにつれCPIは高騰していき、またアクティブユーザーの離脱も起きてしまうためです。

 当社はこうした顧客企業の課題を解決するため、“休眠顧客を呼び戻し、アクティブ率を向上させる”広告配信プラットフォーム「Re-Engagement(リエンゲージメント)」を開発しました。私はこちらのプロダクトマネージャーをしています。

YouAppi VP Growth, Re-Engagement ヒリット・ミオドゥサー・アメス氏
YouAppi VP Growth, Re-Engagement ヒリット・ミオドゥサー・アメス氏

芳井:私はこの9月に日本のカントリーマネージャーに就任しました。ヒリットが挙げたアプリマーケティングの課題は、日本市場でも同様です。どんなに順調にユーザー数が増えているアプリでも、時間の経過と共にユーザー数がこれ以上は増えないという時期は必ず来ます。

 そうなった時、新規ユーザーだけをターゲットにしていると、アプリの収益性向上が難しくなります。ですから、既存ユーザーに対しても適切にアプローチし、よりアプリを使ってもらうための施策が必要となるのです

YouAppi 日本オフィス カントリーマネージャー 芳井沢人氏
YouAppi 日本オフィス カントリーマネージャー 芳井沢人氏

MZ:YouAppiとして、今後は特にリエンゲージメント広告に力を入れていくと?

モシェ:はい。我々の最終的な目的は、新規獲得~リエンゲージメントまで“クライアント企業のフルファネルマーケティングを実現する”こと。そのために、これまで強みとしていた新規獲得に加え、リターゲティング領域もカバーすべく、「Re-Engagement」をアップデートしました。

ヒリット:「Re-Engagement」は既存ユーザーの中でも、しばらくアプリを起動していない“休眠ユーザー”にフォーカスしています。

3つのステップで休眠ユーザーをロイヤルユーザーへ

MZ:休眠ユーザーに対して、「Re-Engagement」ではどのようなアプローチを行うのでしょうか?

ヒリット:具体的には3つのステップで進めます。第一段階は休眠ユーザーをアクティベートすること。アプリをインストールしていても、何らかの理由でしばらく起動していないユーザーに、もう一度戻ってきてもらうよう働きかけます。

 第二段階はリエンゲージすること。戻ってきてくれたユーザーのマネジメントを行い、その人たちから再びエンゲージメントを獲得するのです。たとえば、旅行アプリなら予約、コマースアプリなら商品の購入、ゲームアプリなら課金してもらうことが考えられます。

 最後の第三段階はリテンションです。戻ってきてくれたユーザーが離れていかないように働きかけ、ロイヤルユーザーへと育成していきます

芳井:私たちは、アプリをインストールした時から始まるファネル全体にフォーカスすることを重視しています。フルファネルマーケティングでは、新規ユーザーの獲得だけではなく、ターゲティングでファネルの下に誘導することがとても重要だからです。

 どんなユーザーでも最初は熱心ですが、徐々に飽きてきて休眠ユーザーになります。アプリを削除しているユーザーへのアプローチはできませんが、「Re-Engagement」を使うことにより、ユーザーがファネルのどのステージにいるかを正確に理解し、アプリの削除や休眠ユーザーになることを防止できます

 「Re-Engagement」では、興味を持ったばかりのユーザーはもちろん、検討中や購入直前のユーザーにもアプローチを行うことができます。また「アプリを半年使っていない人」と「1ヵ月使っていない人」というように、ユーザーのステージにあわせたメッセージの出し分けも可能です

「Re-Engagement」4つの強み

MZ:競合と比べた時の「Re-Engagement」の強みはどこにありますか。

ヒリット:私たちの強みは4つあります。一つは先ほど話したように、ファネルの特定のステージにいるユーザーを見つけ、ターゲティングができることです。

 第二に業種横断的なナレッジを蓄積していることです。私たちのクライアントは、ゲームやEコマース、旅行、フードデリバリーなど様々なジャンルに及び、ビジネスごとに異なるカスタマージャーニーとその中での行動データを蓄積して学習しています。クライアントはカスタマージャーニーを理解するためにお金を使う必要はなく、新しいキャンペーンを展開するときに私たちのナレッジをゴールの達成に使うことができます

 第三の強みはクライアントのビジネスモデルそのものにフォーカスしていることです。私たちはクライアントをビジネスパートナーと考えていて、そのゴールを達成するために必要なことをインプレッション、クリック、セッション、メディアコストに頼ることなく柔軟に展開できます。

 最後に、クライアントのカスタマージャーニーにおけるパフォーマンスをモニタリングするダッシュボードとレポートの提供が挙げられます。このダッシュボードはクライアントにも開放しており、どこに予算を使うのが最も効率的かの判断に役立てることができます。

ダッシュボードのイメージ
レポートのイメージ

海外のフードデリバリーとファイナンシャルサービスで成果

MZ:「Re-Engagement」を活用した際の成果について教えていただけますか?

ヒリット:海外の事例を二つ紹介しましょう。一つは米国のフードデリバリー事業者のアプリです。この会社は業界トップ4のうちの一社なのですが、「Re-Engagement」を使って達成したい二つのゴールがありました。一つは最初の注文を獲得すること。もう一つが継続注文の獲得です。

 特に最初の注文の獲得数を重視していました。1日に800万回超の起動があるアプリで、このクライアントは6社のリターゲティングパートナーとやりとりをしていたのですが、FacebookやGoogle以外では私たちともう1社の2社のみがパートナーとなりました。パートナーとして残れたのは、注文数を大きくスケールできたことが評価されたからです

 もう一つは欧州のファイナンシャルサービスのトレーディングアプリです。トレーディングアプリはインストールをしてもらっても、実際に取り引きをしてもらわなければ手数料収入を得られません。ですからこの会社は取引数をKPIにしています。「Re-Engagement」は、ユーザーがアプリの使い方に慣れ、頻繁に取り引きをしてもらえるようデモやチュートリアルを体験してもらうために活用されました。メディア支出1ドルに対して3ドルのリターンを要求されましたが、私たちはそれを達成。月に1万回の取引数を2・3倍にスケールさせたことが高く評価されました

アプリリターゲティングで日本市場を開拓

MZ:最後にYouAppiのビジネス目標と今後の展望について聞かせてください。

モシェ:注力しているのはBtoCの市場です。需要が高まっていますし、事例で紹介したようにいい成果も出せています。ファイナンシャルサービス以外では、不動産会社も重要なクライアントになります。

 日本市場の位置づけにおいて触れておくと、日本は米国に次いで2番目に重要な市場です。今の日本オフィスの社員は11人ですが、引き続き日本市場でのビジネス拡大を目指します。アプリのリターゲティングについては日本においても需要の高まりを感じます。トップエージェンシーをパートナーに、引き続き市場開拓を進めるつもりです。

 グローバル市場では、アプリマーケティングとリターゲティングビジネス領域で市場を牽引するポジションを確立したいと考えています。YouAppiにはデジタルテクノロジーを深く理解するサイエンティストとエンジニアが揃っています。彼らのナレッジでプロダクトを洗練させ、グローバルリーダーになることを目指します。

芳井:モバイルアプリマーケティングは、新規獲得だけに限ると競合他社が10社以上いる競争の激しい市場です。当社はリターゲティングビジネスで既存顧客へのアプローチによって、活路を見出していきたいと思います。開拓したい業種は、主に小売りや金融の分野です。5Gが登場すればさらに新しいアプリが出てくるでしょうし、これからが楽しみです。

「Re-Engagement」に関するお問い合わせはこちらから

メール:support-jp@youappi.com

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/05 11:00 https://markezine.jp/article/detail/32229