MarkeZine(マーケジン)

記事種別

3つのステップで休眠ユーザーをロイヤル化 イスラエル発のモバイルアドテク企業・YouAppiの挑戦

2019/11/05 11:00

 モバイルアプリのマネタイズは、インストールしてもらってからが本番だ。せっかく広告費を投じてダウンロードを促すことに成功しても、使わないアプリはすぐに削除されてしまう。そこで、休眠ユーザーを呼び戻し、アクティブ率を向上させる“人工知能型アプリ広告配信プラットフォーム”を提供するのがイスラエル発のアドテク企業YouAppi(ユーアッピ)である。イスラエルより来日したCEO、プロダクトマネージャーを交え、ユーザーエンゲージメントの向上を実現するプロダクト「Re-Engagement」開発の狙い、独自の強みを聞いた。

目次

収益向上には既存ユーザーへの施策が重要

MarkeZine編集部(以下、MZ):はじめに、YouAppi(ユーアッピ)の事業内容と皆様の自己紹介をお願いいたします。

モシェ: YouAppiは「人工知能型アプリ広告配信プラットフォーム」を提供する、モバイルアドテク企業です。技術大国イスラエルの最先端のAI(機械学習)とビックデータ解析技術を駆使し、良質なユーザーの獲得、および既存ユーザーとのエンゲージメント構築を支援しています

YouAppi CEOモシェ・ヴァクニン氏
YouAppi CEO モシェ・ヴァクニン氏

ヒリット:アプリマーケティングの領域では、近年「新規ユーザーの獲得」以上に「既存ユーザーとのエンゲージメント構築」を課題視する企業が増えています。どのようなアプリでもリリースから時間が経つにつれCPIは高騰していき、またアクティブユーザーの離脱も起きてしまうためです。

 当社はこうした顧客企業の課題を解決するため、“休眠顧客を呼び戻し、アクティブ率を向上させる”広告配信プラットフォーム「Re-Engagement(リエンゲージメント)」を開発しました。私はこちらのプロダクトマネージャーをしています。

YouAppi VP Growth, Re-Engagement ヒリット・ミオドゥサー・アメス氏
YouAppi VP Growth, Re-Engagement ヒリット・ミオドゥサー・アメス氏

芳井:私はこの9月に日本のカントリーマネージャーに就任しました。ヒリットが挙げたアプリマーケティングの課題は、日本市場でも同様です。どんなに順調にユーザー数が増えているアプリでも、時間の経過と共にユーザー数がこれ以上は増えないという時期は必ず来ます。

 そうなった時、新規ユーザーだけをターゲットにしていると、アプリの収益性向上が難しくなります。ですから、既存ユーザーに対しても適切にアプローチし、よりアプリを使ってもらうための施策が必要となるのです

YouAppi 日本オフィス カントリーマネージャー 芳井沢人氏
YouAppi 日本オフィス カントリーマネージャー 芳井沢人氏

MZ:YouAppiとして、今後は特にリエンゲージメント広告に力を入れていくと?

モシェ:はい。我々の最終的な目的は、新規獲得~リエンゲージメントまで“クライアント企業のフルファネルマーケティングを実現する”こと。そのために、これまで強みとしていた新規獲得に加え、リターゲティング領域もカバーすべく、「Re-Engagement」をアップデートしました。

ヒリット:「Re-Engagement」は既存ユーザーの中でも、しばらくアプリを起動していない“休眠ユーザー”にフォーカスしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5