SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

情報銀行はGAFAに対抗できるのか 「わたし」のデータの預け先

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は話題の「Apple Card」の真価を切り口に、消費者の信用に足るデータの預け先についてあらためて考える。

※本記事は、2019年10月25日刊行の定期誌『MarkeZine』46号に掲載したものです。

スタイリッシュさだけではない「Apple Card」の真価

 2019年8月20日、世界に先駆けて米国で発行された「Apple Card」。日本ではそのスタイリッシュさや手数料無料といった表面的な話題に終始されがちだが、Appleの真価は「シングルサインオン(SSO)」の拡大にある。

Apple Cardの表面(左)と裏面(右)
カード番号の情報は記載されず「保護」しているAppleのスタンスがわかる(筆者撮影)

 SSOでは、ユーザーはサービスごとにユーザーIDの設定やパスワードの組み合わせを入力する必要がなくなる。既に「Facebook IDでログイン」「Google IDでログイン」等でお馴染みの機能だ。これらは新規サービス(サードパーティ)のアプリで加入時にも、スマホで簡単に(タップするだけで)登録できることから、その利便性の提供と引き換えに「重いデータ(生体データや金融データ等)」を収集する入口を広げる機能である。「AppleIDでログイン」の選択メニューが今後増えてくる。

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをお読みいただけます

次のページ
GAFAと情報銀行 信用に足るデータの預け先はどこか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング