MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2019年11月にAmazonで売れたマーケ本は?『沈黙のWebライティング』など名著が根強い人気

2019/12/06 07:00

 2019年11月の1ヵ月間に、Amazonで売れたマーケティング関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。また、今回は特に、名著や古典も多い文章術に関する本として6位『沈黙のWebライティング』、7位『ポチらせる文章術』、23位『ザ・コピーライティング』を取り上げる。

目次

マーケティングに必須の文章術

 2019年10月の1ヵ月間にAmazonで売れたマーケティング関連本、1位から50位までを一挙に紹介(Amazon協力のもと、「マーケティング・セールス」ランキングから作成)。下記ではコピーや文章術に関する本を取り上げる(10月のランキングはこちら)。

沈黙のWebライティング

 名著として知られる『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉』(エムディエヌコーポレーション)は、多少前後しながらも常にランキング上位をキープ。Webで成果を上げるための文章術について、ストーリー形式で学ぶことができる。

ポチらせる文章術

 10月の新刊として7位にランクインしたのが『ポチらせる文章術』(ぱる出版)。Web全般を対象に、「ほしい」を起点としたコピーや文章の作り方が解説されており、売るためだけでなく発信力をつけたい人にもおすすめの1冊。

ザ・コピーライティング

 言わずと知れた古典『ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則』(ダイヤモンド社)も23位に。伝説的なコピーライターとして活躍したジョン・ケープルズが編み出したコピーの極意が詰まっている。

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。

※なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5