MarkeZine(マーケジン)

記事種別

トライステージ、ダイレクトマーケティングのデータ統合・分析サービス「Tri-DDM」を提供開始

2019/12/20 13:00

 ダイレクトマーケティング企業を支援するトライステージは、TVインフォマーシャルにおけるCPO維持改善およびLTV向上を両軸で支援するため、新サービス「Tri Direct Data Marketing(トライ ダイレクトデータマーケティング、以下Tri-DDM)」の提供を開始した。

 Tri-DDMでは、トレジャーデータの提供するカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data CDP」を利用してダイレクトマーケティングに関する各種データを統合。またBIツールを利用して即時かつ精緻に施策の分析を行う。これにより、CPO維持改善のためのメディア選定や、コンタクトセンター運営状況などの分析、LTV向上のためのCRM施策分析などを可能にする。

Tri-DDM全体図
Tri-DDM全体図

 同社は、Tri-DDMによるサービスを段階的に提供していく。今回実施するフェーズ1では、これまで活用していた「放送枠」「コンタクトセンタートラフィック」「新規受注データ」に加えて、「コンタクトセンター業務ステイタス」「購入者プロファイル」をトレジャーデータのCDPにてクライアント毎に統合、BIツールによって分析、可視化する。これにより放送枠価値の明確化、コンタクトセンターの適切な運用状況の把握、納品関連データの自動集計などが可能になる。

 フェーズ2では、さらに「既存顧客受注データ」「CRM施策」「WEB受注データ」などを統合、分析する。AIによる予測分析を行うことで、CRM領域を含めたダイレクトマーケティングの総合支援するサービスになる予定だ。なおサービス提供については、現在取引中の企業から順次、案内される。

Tri-DDMの段階的な提供を表した図

Tri-DDMの段階的な提供を表した図

【関連記事】
テレビCMとWebを横断した施策最適化を実現!ロックオン、「TVエビス」リリース
トライステージとロックオン、テレビCMとWebを横断した効果測定が可能な「TVエビス」を提供へ
トライステージとリンクシェア・ジャパン、インフォマーシャルとWEB広告を組み合わせたサービス提供
トライステージ、見果てぬ夢と連携し、ソーシャルコマース事業へ参入~国内WEB事業の強化狙う
トライステージ、「機能性表示食品制度」に対応した広告コピーをアドバイスする「KINO-ad」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5