MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2020年のマーケティングはどうなる?キーパーソン36名の展望/定期誌『MarkeZine』第49号

2020/01/27 07:00

 目白押しのスポーツイベント、5Gの商業化など、2020年もマーケティング業界は大きな変化が続く1年となりそうです。マーケティングに携わる方にとっては、ますます情報感度を高くして仕事に向き合わなければなりません。

 そんな方々をサポートしてきた定期誌『MarkeZine』は今年で5年目に突入します。MarkeZine編集部ではこれまで、業界動向やトレンド、先進的な企業の取り組みを追いかけてきました。2020年はいったいどんな年になるのか、これからも丁寧な取材で最新情報をお届けしていきます。

 そして今年最初となる第49号(2020年1月号)では、ブランド、プラットフォーマー、エージェンシーといった広い業種のキーパーソン36名に「2019年を振り返って」と「2020年へ向けて」という2つのテーマで考えをうかがいました。その視座から何を見ているのか、2020年を戦うヒントを探ります。

定期誌『MarkeZine』とは?

定期誌『MarkeZine』

定期誌『MarkeZine』は1年間の定期購読で、毎月1冊、トレンドテーマの特集を中心にマーケティング業界の潮流や識者が注目するトピックをお届けしています。

  • 先進的な企業の経営判断を追体験できる
  • 競合企業の事例やキーパーソンの考え方がわかる
  • マーケターが実務で成果を出せるノウハウを学べる

定期誌を詳しく知りたい

特集「マーケティング2020」

2020年のマーケティング戦略

 定期誌『MarkeZine』の年始恒例となった特集記事「2020年のマーケティング戦略」。36社のキーパーソンに「2019年を振り返って」と「2020年へ向けて」をテーマに尋ねました。あの企業の2019年はどうだったのか、2020年はどうしていこうとしているのか、いただいたコメントをぜひチェックしてみてください。

インサイトフォース / エステー / ADKマーケティング・ソリューションズ / 江端浩人事務所 / オイシックス・ラ・大地 / Gunosy / クラシコム / コメ兵 / サイバーエージェント / サイボウズ / 才流 / ザ・ボディショップ / シナモン / スマートニュース / Twitter Japan / デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム / dely / 電通デジタル / 日本航空 / 博報堂 / パナソニック / ビービット / ピースオブケイク / FABRIC TOKYO / freee / フェイスブック ジャパン / FOLIO / PENCIL & PAPER.COM / Moonshot / メルカリ / ヤフー / ラクスル / LIFULL / LINE / リクルート / レノボ・ジャパン

マーケターに聞く2020年の課題と挑戦

 また、編集部ではMarkeZine読者に「2020年の課題と挑戦」についてアンケート調査を行い、その結果を本誌に掲載。読者の約4割が1年以内に組織変革があったと回答し、求められる役割が広がってより統合的な視点が必要だと感じているという回答も目立ちました。今回の調査からは、2020年を迎えたマーケターたちのリアルが感じられるのではないでしょうか。

 定期誌『MarkeZine』第49号ではこの他にも、巻頭インタビューにて一休の代表取締役社長、榊淳氏が登場。高級志向のホテルやレストランの予約サービスを提供する同社の躍進に迫ります。

 定期誌について詳しく知りたい方は、ぜひ特設ページをご覧ください!

定期誌を詳しく知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5