SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレイド、ユーザビリティ調査が工数レスに実行できるサービスをKARTEで提供開始

 プレイドは、同社が提供するCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」にて、ウェブサイトやスマートフォンアプリのユーザーに直接アンケートを実施して顧客の声を集め、サービスやユーザビリティの定量評価やセグメント別の分析レポートなどが得られる新サービス「Usability Scale」の提供を開始した。

 同サービスは、ウェブサイトやスマートフォンアプリのユーザビリティに関するアンケートをKARTE内でインストールして即実行可能なパッケージになっている。

 これにより企業は、一般的なユーザビリティ調査実施にともなう工数(調査方法の決定、外部ベンダーやパートナーの選定、見積もり、発注、アンケートの設計、調査実施、分析レポートの作成)を大幅に削減できる。調査結果はサービス改善のための施策立案や実行、CX向上に向けたロードマップの作成などに利用可能だ。

Usability Scaleのユーザー回答画面イメージ

Usability Scaleのユーザー回答画面イメージ

 なお、サービス開始時は、富士通とイードが共同で開発した「ウェブユーザビリティ評価スケール(Web Usability Scale; WUS)」をベースとしたパッケージを提供している。今後は、他のユーザビリティに関する評価手法やオリジナルのアンケートなども取り揃え、拡充していく予定だ。

【関連記事】
プレイド、男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」のエクスペリエンスパートナーに就任
プレイドとNRIデジタル、GCPを活用したデジマやDXの支援を開始 短期間で検証プロセスを体感
プレイド、ハガキDMを使ったO2O実験を実施 購買関心度が高いEC顧客を実店舗へ送客
プレイド、Googleからの資金調達を発表 CX向上のため機械学習やAI技術の統合において協業
プレイドとNRIデジタル、リアル店舗で取得した顧客情報を「KARTE」に連携させる実証実験に成功

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/02/06 16:30 https://markezine.jp/article/detail/32879

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング