SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プレイド、KARTE for Appに「ビジュアルトラッキング」「リテンションレポート」機能等を追加

 プレイドは、同社が提供するネイティブアプリ向け・CXプラットフォーム「KARTE for App」のメジャーアップデートを実施した。

 今回のメジャーアップデートでは「ビジュアルトラッキング」や「リテンションレポート」といった機能を追加。

 ビジュアルトラッキング機能では、管理画面上から視覚的に、アプリ内の行動をイベント(ユーザーの行動や属性のデータ)として計測可能。これにより、セグメントや接客配信のために追加でイベントの計測が必要になった際、管理画面からすばやく計測を開始できる。

 リテンションレポート機能は、ユーザー一人ひとりの行動を解析できる同プラットフォームの強みを活かしたもの。たとえば、「機能Aと機能Bの利用ユーザーそれぞれの翌日と7日後のリテンション率を比較したい」「特定イベントが何回以上発生したらリテンション率が高いのか」など、様々な切り口で分析が可能だ。

 また、同プラットフォームのSDKのオープンソースソフトウェア化(OSS化)を実現し、プロダクトの透明性を高めることで、アプリエンジニアが安心して導入・利用できる環境を提供する。

【関連記事】
プレイド、企業の非対面対応を支援する「いますぐ始めるKARTEオンラインチャット」を提供開始
プレイド、ユーザビリティ調査が工数レスに実行できるサービスをKARTEで提供開始
プレイド、男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」のエクスペリエンスパートナーに就任
プレイドとNRIデジタル、GCPを活用したデジマやDXの支援を開始 短期間で検証プロセスを体感
プレイド、ハガキDMを使ったO2O実験を実施 購買関心度が高いEC顧客を実店舗へ送客

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/12 07:30 https://markezine.jp/article/detail/33358

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング