SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、統合型の広告プランニング・ クリエイティブの開発プロジェクト「TEAM JAZZ」発足

 アイレップは、メディアやファネルの垣根を超えた統合型の広告プランニング・クリエイティブを開発するプロジェクト「TEAM JAZZ(チーム ジャズ)」を発足した。

 同社は、博報堂DYグループにおける「次世代型デジタルエージェンシー」として、運用型のデジタル広告に加え、あらゆるメディアへの対応が可能なほか、クリエイティブ制作やデータを用いたソリューションなど、クライアント企業の幅広いニーズに応えるサービス体制を構築している。

 音楽のJAZZが体現する「共創・融合」の意が込められた同プロジェクトを推進するのは、同社CMOの北爪宏彰氏。同社のデジタル広告のナレッジ・運用ノウハウと、博報堂DYグループの戦略プランニング・マス広告のリソース、また趣旨に賛同したクライアント企業や外部のクリエイター・パートナー企業のナレッジを融合し、企業のマーケティング課題の解決をサポートしていく。

 第一弾の取り組みとして、クリエイター・オブ・ザ・イヤー審査委員特別賞をはじめ、国内外で受賞歴のあるBORDERのクリエイティブディレクター・横澤宏一郎氏が、クリエイティブ・アドバイザリーとして参画する。

【関連記事】
電通テックとヴァズ、食卓ビッグデータを活用しメーカを支援する「markeTABLE」発足
チーターデジタル、ゼロパーティデータと顧客ロイヤルティの実用性を研究する「0 to Loyal」発足
博報堂DYメディアパートナーズ、テレビとデジタル双方の出稿効果を高める広告プロデュースチームを発足
博報堂、平成生まれの共感を喚起するクリエイティブチーム「CREATIVE TABLE最高」を発足
博報堂、「博報堂SDGsプロジェクト」を発足 クライアント企業の取り組みを支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/12 18:30 https://markezine.jp/article/detail/33363

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング