MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コロナ禍で健康・ダイエット関連のコンテンツ視聴が40ポイント増/ゲーム関連も急伸【Teads調査】

2020/05/19 10:45

 Teadsは、コンテンツ消費傾向を解析する「Teadsメディアバロメーター」を開発。同ツールを用いて3⽉から4⽉の中旬までの30⽇間、最も多く読まれた記事や急成⻑したトピックを分析し、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)状況下における消費者のメディア視聴習慣を明らかにした。

健康・エクササイズ・食事への関心が上昇傾向

 下図は、4月13日からの1週間のページビューランキング、および3月2日の週から4月13日の週の成長指数を示したものだ。健康、ダイエットに関連するコンテンツが40ポイント増加。エクササイズについては27ポイント増え、食事と栄養に関連する健康も10ポイント増加した。また料理に癒やしや安堵を求める傾向により、レシピや⾷材に関連するコンテンツが10ポイント上昇した。

日本のユーザーに最も多く読まれたコンテンツのPVランキング ・成長指数(Growth Index)データ
日本のユーザーに最も多く読まれたコンテンツのPVランキング ・成長指数(Growth Index)データ

エンターテイメント領域ではゲームへの関心が大きく伸長

 自粛中のエンターテイメントにおいては、ビデオゲームのコンテンツが60ポイント増加。関連する、テック・コンピューターコンテンツは15ポイント増えた。また不要不急の外出を避ける中で、ホームインテリアへの興味が15ポイントUP、移動手段として自動車コンテンツへの関心も寄せており、10ポイント上昇した。

政府の動きや仕事について関心が高まる

 日本政府(内閣府、経済政策)に関連するコンテンツが62ポイントに増加したほか、企業情報と職業(キャリア)への関心も高くなり、27ポイント増加した。

※リサーチ対象期間は、2020年3月2日から4月19日

【関連記事】
ベクトル、アジア9ヵ国・地域の新型コロナウイルス関連の市場調査レポートを無料配信
デジタル広告ではターゲットの年齢幅が広いほど意図した性年代に届く【ニールセン デジタル調査】
「BuzzVideo」はミドル世代の男性が一人リラックスタイムに活用【TikTok Ads調査】
新型コロナで売上減少も「新たなビジネスチャンスが生まれた」30%【マーケター600名調査】
緊急事態宣言前と比べ約6割が受注数減少/テレワークが電話営業に影響【Mtame調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5