SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

令和時代のマーケティング

マーケターはコロナウイルスの脅威にどう向き合うべきか

 新型コロナウイルスの発生と感染に関するニュースで2020年は幕を開けました。世界規模で一般消費者への感染が拡大したことで、企業や組織は従業員にリモートワークやオンライン会議を推奨し、教育機関では臨時休校を決めるなど、これまでの暮らし方を見直す必要が出てきました。また、大規模イベントの自粛要請や教育現場でのカリキュラム変更など、社会で様々な混乱が起きていることも事実です。こうした非常事態に、企業のマーケティング担当者がとるべきアプローチを事例とともに解説していきます。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
令和時代のマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ミン・スン(ミン スン)

Appier チーフAIサイエンティスト 2005年からGoogle Brainの共同設立者の一人であるアンドリュー・エン氏、元Google Cloudのチーフサイエンティストであるフェイフェイ・リー氏などのプロジェクトに携わり、AAAI(アメリカ人工知能学会)をはじめ世界トップの人工知能学会で研...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/04 17:58 https://markezine.jp/article/detail/33441

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング