SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CDGが「CRM CONNECT」を提供開始 LINEの活用で新規獲得から購入・ファン化まで実現

 CDGは、新規獲得からファン化までを実現するCRMサービス「CRM CONNECT」の提供を開始した。

 同サービスは、LINEをプラットフォームとし、セグメント分析に基づいた顧客との1to1のコミュニケーションを行うことで、より効果的なCRMを可能とするもの。

 データの収集・蓄積だけでなくその分析と活用を重視し、「CRMの設計・運営」のほか、「アンケートの実施」「データ分析」「メッセージング施策の企画」「クリエィティブの制作」「配信」「メッセージへの反応分析」までを一貫してサポートする。

 メッセージング施策では、顧客をブランドに対する好意度や購買行動に基づいて分析し、CDG独自で設定した9つのセグメントに分けた上で、企画・実行することが可能。また、LINEのメッセージング機能を活用することで、購入後の顧客へのフォローからではなく、新規に「友だち」を獲得した時点から顧客に合わせた接点づくりやコミュニケーションを展開していく。これにより、検討段階から購入フェーズへ引き上げることも期待できる。

 なお同サービスでは、同社のキャンペーンチームが連携し、データ分析に基づくキャンペーンの開発と運営もサポートする。

【関連記事】
クラウド名刺管理サービス「Sansan」と 「HubSpot CRM」が機能連携を開始
HubSpot CRMとSales Hubが「クラウド会計ソフト freee」とAPI連携開始
消費者の来店傾向に基づいたCRMや施策が可能に クロスロケーションズが「CRMデータ連携」を提供開始
サイバーエージェント、LINE公式アカウントの新料金形態に合わせた運用ソリューションを提供
オプト、LINEを活用しデジタルシフトを推進する「LINE Innovation Center」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/26 15:00 https://markezine.jp/article/detail/33717

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング