SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE上で自社サービスを展開できる「LINEミニアプリ」、企業からのエントリー受け付けを開始

 LINEは、同社が提供するコミュニケーションアプリ「LINE」上で、企業が自社サービスを展開できるWebアプリケーション「LINEミニアプリ」のエントリー受け付けを開始した。なお、現時点ではLINEによる事前審査の後、同社が承認したサービスのみユーザーへの提供が可能となる。

タップで拡大
タップで拡大

 LINEミニアプリは、予約、注文、決済、会員証といった企業の自社サービスを、無償でLINEアプリ上に展開できるもの。これにより、ユーザーは個別のアプリダウンロードや煩雑な会員登録をすることなくサービスを利用できる。また企業においては、ユーザーのLINEアカウントに紐づいた利用データを取得し、サービス改善やLINE公式アカウントなどを通じたマーケティング施策への活用が可能だ。

 LINEミニアプリは、2019年6月の構想発表以降、一部企業に先行提供を行っており、既に回転寿司チェーン「スシロー」、レシピ動画サービス「クラシル」、電車・バスなどの経路検索サービス「ジョルダン乗換案内」などが提供を開始している。今後は、すき家、はなまるうどん、吉野家、ロクシタンジャポン、UCC上島珈琲(COFFEE STYLE UCC)といった様々な企業やサービスにおいても、LINEミニアプリの提供が予定されている。

 LINEミニアプリの利用方法は以下のとおり。

  1. LINEのホームタブのサービスから「すべて見る」をタップ
  2. 「サービス一覧」の「その他」より各LINEミニアプリを利用
  3. ホームタブにLINEミニアプリの追加も可能
タップで拡大
タップで拡大

【関連記事】
LINE、AWS活用で企業のDXを支援する「LINE DX Program with AWS」提供
fluct、スマホアプリ向け動画リワード広告においてLINE広告ネットワークと連携
CDGが「CRM CONNECT」を提供開始 LINEの活用で新規獲得から購入・ファン化まで実現
電通アイソバー、LINEソリューション「TONARIWA」と「アクイア マウティック」の連携を開始
サイバーエージェント、LINE公式アカウントの新料金形態に合わせた運用ソリューションを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/03 14:40 https://markezine.jp/article/detail/33755

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング