MarkeZine(マーケジン)

記事種別

総視聴者数は1,000万越え!楽天モバイルが国内歴代1位を記録した、ライブ配信発表会に成功した理由

2020/08/03 10:00

 2014年から格安スマホとして認知を広げてきた楽天モバイルは、2020年4月より自社回線による携帯キャリアサービスを本格的に開始。その発表時には多くの人の関心を集め、サービス発表に先がけて実施されたTwitterでのライブ配信は、総視聴者数が1,093万人に達し、「楽天モバイル」に関するワードがいくつもトレンド入りを果たすなど、大きな話題となった。今回は、同施策を担当した楽天モバイルの添田貴嗣氏、重野裕祐氏にインタビューし、施策の裏側を聞いた。

目次

ライブ配信前後でもアプローチがしやすいTwitter

MZ:はじめに、現在の担当業務をご紹介してください。

添田:楽天モバイルのブランドマーケティング戦略部の部長をしています。

 ブランドマーケティング戦略部は、顕在顧客層の拡大と利用者数増加をKPIとして各種マーケティング施策を企画実行する部門です。プロダクト&サービス、ブランドマーケティング、マーケティングPRの3つのチームで構成されています。

 今回のTwitterでの施策は、マーケティングPRチームが中心となって実行していったものです。

楽天モバイル株式会社 ブランドマーケティング戦略部
部長 添田 貴嗣氏

重野:私はマーケティングPRチームのマネージャーをしています。私たちの主なミッションは、楽天モバイルのサービスや商品のベネフィットを、メディアやSNSを通じてお客さまに伝え魅力を理解いただき、楽天モバイルの利用者を増やすことです。

楽天モバイル株式会社 ブランドマーケティング戦略部 マーケティングPR課
セクションマネージャー 重野 裕祐氏

MZ:今回、ライブ配信を中心としたキャンペーンを実施するに至った背景について教えてください。

添田:楽天モバイル自体は、2014年に楽天グループにおけるモバイル通信事業として参入し、格安スマホという領域でトップシェアを獲得いたしました。

 そのフェーズを経て、2020年4月から国内4番目の携帯キャリアへとビジネス転換を行いました。

 サービス開始に先立ち、その内容と料金プランを広く全国に、インパクトを持って発信していくために、発表会を行う予定でした。通常であればメディア向けに実施しますが、より消費者に対してダイレクトに我々の発表を伝えたかったため、会場での会見実施に加えライブ配信を考えていました。

MZ:配信プラットフォームが色々ある中で、Twitter中心の設計にしたと聞いています。その理由は何だったのでしょうか。

添田:ライブ配信前後にも広く情報発信しなければと考えたときに、一番フィットしたのがTwitterだったからです。他の動画プラットフォームや自社の動画配信サービスなど、いくつか候補はありましたが、ライブストリーミングだけで広い認知をとっていくのは難しい。Twitterであれば、配信前後でもアプローチがしやすいと考え、今回はTwitterを中心とした設計にしました。

3つのフェーズに分けてTwitter施策を展開

MZ:実際に行われたキャンペーン内容について教えてください。

添田:進級や就学などのタイミングである3~4月にかけて携帯契約の需要が高まるので、そこにあわせて3月3日に発表会を設定しました。

 しかし、計画を進める段階で、新型コロナウイルスの影響を受け始めたため、メディアの方を含めてすべての方を対象に、ライブ配信で行う形に切り替えました。

 それによって、よりオンライン上での情報伝達・拡散が重要になると考えた我々は、発表会より前の2月28日から当日までを「フェーズ1(事前)」、当日を「フェーズ2(ライブ当日)」、それ以降を「フェーズ3(事後)」と3つのフェーズに分けて施策を行いました。

 「フェーズ1」は事前に発表会を自分ゴト化してもらうこと、「フェーズ2」は視聴者数の最大化、「フェーズ3」では話題の維持と裾野拡大と、フェーズごとに目的を設定しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5