SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

【参加無料】削ってよいDMとそうでないDMの違いは?EC化率/Web化率を高める肝をビービットが解説

 ビービットは7月28日(火)、「紙からWebへ~EC化率/Web化率を高めるための第一歩」と題したセミナーを開催する。

 近年、デジタル化の波が押し寄せる中で、DMなどのオフライン施策が強い企業においても、Webチャネルの重要性が高まっている。DMをはじめとした紙媒体を効率化しながら、Webでのクイックウィンを創出する第一歩としては、「紙媒体を受け取ったユーザーの顧客体験」をデータを基に可視化することが重要だ。

 本セミナーでは、同社UXインテリジェンス事業部の前田徹哉氏が、"削ってよいDMとそうでないDM"を、デジタルデータから紙媒体の施策の検証を実践している企業の事例から明らかにする。

 売上や利益を落とさずに紙媒体を削減する方法を知りたい、紙媒体とWebを連携した施策のポイントを知りたい、というマーケターにお薦めのセミナーだ。

【セミナー概要】
日時:2020年7月28日(火)10:30~11:30
主催:ビービット
会場:オンライン
費用:無料
※詳細・申し込みはこちらから

【関連記事】
ビービット、USERGRAMのアプリ計測機能を強化 プッシュ通知文言やアプリ初回起動などを取得可能に
ビービットの「USERGRAM」、ユーザ注目ワード機能をアップデート AIで興味関心を精緻に分析
オイシックス・ラ・大地、「Oisix香港」のWebサイトにビービットの「USERGRAM」を導入
ビービットの「USERGRAM」で「状況ターゲティング」可能に ユーザー単位の時系列データ分析を強化
ビービットの「USERGRAM」と「Arm Treasure Data eCDP」がデータ連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/09 10:55 https://markezine.jp/article/detail/33793

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング