SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「コロナ収束後」の消費者行動/ニッセイ基礎研究所が語る予測とは【MarkeZine Dayニュース】

 MarkeZineは9月1日(火)・2日(水)に「MarkeZine Day 2020 Autumn」をオンライン開催する。

 2日の13時40分から行われるセッション「アフターコロナの消費者行動、どう変わる? “ポスト巣ごもり消費”をデータから読み解く」では、調査データから生活や消費行動を読み解いてきたニッセイ基礎研究所の久我尚子氏が登壇。緊急事態宣言中、解除後の行動変容について調査データを基に解説し、来たるべき感染拡大「収束後」の予測を伝える。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2020 Autumn
登壇セッション:アフターコロナの消費者行動、どう変わる? “ポスト巣ごもり消費”をデータから読み解く
スピーカー:ニッセイ基礎研究所 生活研究部 主任研究員 久我尚子氏
日時:2020年9月2日(水)13:40~14:10
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

 新型コロナウイルス感染拡大により、外出自粛で広まった「巣ごもり消費」をはじめ、消費者行動に大きな変化が起きている2020年。企業にとっては、これまでになく大きく行動が変化するこの状況においてどのように先を読み、対応すべきか、その判断が迫られる状況になっている。

 本セッションを通じ、with/afterコロナにおける新たな生活様式への理解を深め、先を見据えたマーケティングを考えるきっかけを掴んでみてはいかがだろうか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/21 16:00 https://markezine.jp/article/detail/33879

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング