SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂、体験型新店舗のブランドサイトに「WOVN.io」を導入 訪日外国人に向けた多言語体験を実現

 資生堂が展開する化粧品ブランド「SHISEIDO」は、2020年7月31日に初のブランド旗艦店GLOBAL FLAGSHIP STOREを銀座にオープンした。これに合わせ同社は、新店舗のブランドサイトの店舗体験レッスン予約部分に、Wovn Technologiesが提供するWebサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」を導入した。

 GLOBAL FLAGSHIP STOREは、「SHISEIDO」が展開する路面店としては世界最大規模の体験型店舗であり、銀座を訪れる国内外の顧客に「SHISEIDO」ブランドの世界観を発信していく。

 今回「WOVN.io」を導入したことにより、GLOBAL FLAGSHIP STOREサイトの事前予約コンテンツ・体験結果確認画面は現在、英語、簡体字、繁体字での表示が可能になっている。

【関連記事】
資生堂と日本気象協会が共同で「寒暖差肌荒れ指数」開発 天気予報専門メディア「tenki.jp」で提供
資生堂のオープンイノベーションプログラムにクラウドファンディング「Makuake」が参画
オルビス、越境EC強化に向け多言語化ソリューション「WOVN.io」を導入 ブランド認知向上をめざす
米Zuora、顧客体験向上のためWebサイト多言語化ソリューション 「WOVN.io」を導入
BSTとミニマル・テクノロジーズ、多言語化サイト内検索に特有の「ゼロ件ヒット」解消に向け協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/31 17:15 https://markezine.jp/article/detail/33949

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング