SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブランド価値を創出する“事業アクション”とは アンカー、銀のさらから学ぶ【9/1開催・参加無料】

 MarkeZineは9月1日(火)・2日(水)に「MarkeZine Day 2020 Autumn」をオンライン開催する。

 1日の16時50分から行われるセッション「プロモーションに留まらないブランディング “事業アクション”で創出するブランド価値」では、NORTH AND SOUTHの南坊泰司氏をモデレーターに、モバイルバッテリーをはじめとしたチャージング関連製品などを展開するアンカー・ジャパンの猿渡歩氏、『銀のさら』を展開するライドオンエクスプレスの正木伸繁氏がパネリストとして登壇。プロモーションに留まらないブランディングの方法を探っていく。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2020 Autumn
登壇セッション:プロモーションに留まらないブランディング “事業アクション”で創出するブランド価値
モデレーター:NORTH AND SOUTH 代表取締役 南坊泰司氏
パネリスト:アンカー・ジャパン 執行役員/事業戦略本部 統括 猿渡歩氏、ライドオンエクスプレス デジタルマーケティング部 グループマネージャー 正木伸繁氏
日時:2020年9月1日(火)16:50~17:50
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

 企業のブランディングにおいては、広告を使ったプロモーションやPRで自社商品・サービスの価値を伝えるという方法が永らく培われてきた。しかし顧客から見たブランドの印象は、プロモーション以外の様々な事業のアクションによっても大きく変えられるのではないだろうか。

 本セッションでは、アンカー・ジャパンにおいてオンラインマーケットシェアの拡大やオフライン販路のゼロからの開拓、事業開発部門の新設を牽引してきた猿渡氏、宅配寿司『銀のさら』事業におけるデジタルサービスの立ち上げから各コミュニケーションの拡大に至る全般の業務に従事してきた正木氏に、事業アクションを通じたブランド価値創出への考え方をうかがい、ブランディングの本質を議論する。

 自社ブランドをより成長させたい企業はもちろん、新たなブランド作りを考える企業にもお薦めのセッションだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/11 10:00 https://markezine.jp/article/detail/34029

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング