SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

20~30代の新規会員獲得数が大幅に伸長!GDOがTikTokで大型協賛キャンペーンを仕掛けた訳

新しいもの・ことの訴求に効くTikTok

MZ:今回はアプリインストールの増加にも寄与する結果となりましたが、今後はTikTokをマーケティングにどう活用していきたいですか。

岡部:9月から11月は、ゴルフの楽しみやすい季節になるので、その時期に今回のようなスポーツに関連したキャンペーンなどがあればぜひ協賛したいですね。潜在層向けに私たちがゴルフの楽しさを伝えられる場所にはどんどんアプローチしていきたいので、TikTokもその1つとして活用できればと思います。

谷:TikTokは機械学習でコンテンツがレコメンドされるのが大きな特徴です。誰かの動画を見るのではなく、新しい動画と偶然出会う・知るために動画を見ていることが多いので、広告主がアプローチする際も新しいこと・ものを訴求していくことが重要だと思っています。そのため、GDO様はもちろん、他のクライアント様とも目的に沿った形でTikTokの新たな活用法を見出していきたいです。

MZ:#TikTokスポーツライフは、非常に反響の大きい企画だったと思いますが、今後もこのようなスポンサーシップコラボパッケージは作っていく予定なのでしょうか。

秦:TikTokでは、引き続きユーザーのトレンドを追いながら、新しいスポンサーシップコラボパッケージを作りたいと考えています。直近も母の日や夏祭りなど、様々なテーマでTikTokを盛り上げるキャンペーンを行ってきました。また、今後はハロウィンに関するキャンペーンも予定しておりますので、そこでも広告主様のビジネスに貢献できるパッケージが作れたらと考えています。

 そして、これからの時代は単純にメディアに広告掲載するだけではない、新しいコミュニケーションが生まれると考えています。具体的には、多くのユーザーが楽しめて、世のトレンドをリアルタイムにキャッチしてうまく乗れるような、よりネイティブなスポンサーシップコラボパッケージが求められてくるはずです。そのため、今後TikTok For Business Japanが新たな形を提案できるよう、スポンサーシップコラボパッケージの企画に励みたいと思います。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/02 10:00 https://markezine.jp/article/detail/34168

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング