SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業のITテクノロジー予算が増加、マーケティングへの予算は削減される見込み【ガートナー調査】

 ガートナーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による混乱を受けて取締役会の69%がデジタル・ビジネス・イニシアティブを加速させたとの調査結果を発表した。

 同調査では、取締役会の大多数(67%)は、テクノロジー関連予算が増加すると予測する一方、マーケティングや人事などの部門では予算が削減されると見込んでいるという。また、2020年のIT予算が約7%増加するという結果になった。

 アナリティクスと人工知能 (AI) については、パンデミックの影響を受け企業が新たなリモートワーク・ファーストの環境で意思決定の向上のために活用するのに伴い、「ゲーム・チェンジャー」の役割を果たし、ITが強化されていくと予測。COVID-19の感染拡大をきっかけに、今後2年間は、デジタル・テクノロジ・イニシアティブが取締役会にとっての最大の戦略的ビジネス優先課題となり、カスタマー・エンゲージメントとリモート・ワークフォース管理がそれに続く課題となると同調査では述べられた。

 また、調査の回答者の86%は、戦略的なビジネス優先課題に対処する上で、テクノロジが革新的な役割を果たすと考えていることがわかった。そのためガートナーは、ほとんどの企業が長期にわたってCOVID-19に対応するために、「最高デジタル責任者(CDO)」の役割を新たに設置すると見込んでいる。

【関連記事】
ガートナー、「データとアナリティクスの取り組みを推進するために重視すべき12の役割」を発表
データの利活用からビジネス成果を十分に得ている企業は全体のわずか3%【ガートナー調査】
ガートナー、2018年版「日本におけるCRMのハイプ・サイクル」を発表 市場のトレンド・成熟度は?
デジタルマーケティングとテクノロジーに関する知識、企業の重要度低いことが明らかに【ガートナー調査】
半数以上が「10年以内に人工知能が仕事に何らかの影響を及ぼす」と回答【ガ―トナー ジャパン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/08 15:15 https://markezine.jp/article/detail/34485

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング