MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5,519億円に/サイバー・バズとDIFが共同調査

2020/10/12 16:30

 サイバー・バズとデジタルインファクトは、共同で国内ソーシャルメディアマーケティングの市場動向調査を行い、その結果を発表した。

 同調査では、企業によるソーシャルメディアを活用したマーケティングを目的とする年間支出額を「ソーシャルメディアマーケティング市場」と定義。これを5つのセグメントに分類し、それぞれ推計・予測した。

ソーシャルメディアマーケティング市場は5,519億円、前年比107%の見通し

 2020年の国内ソーシャルメディアマーケティング市場規模は5,444億円で、前年比107%となる見通し。企業と消費者とのコミュニケーションや販売のチャネルとしての期待を背景に、企業におけるマーケティング投資がさらに進むことで、2025年のソーシャルメディアマーケティング市場規模は、2020年対比で約2倍、1兆1,171億円に達すると予測される。

 カテゴリ別の内訳は、「ソーシャルメディア広告」が4,932億円で全体の89.4%、これに「インフルエンサーマーケティング」が317億円で全体の5.7%。また、企業の「SNSアカウント運用支援」が145億円で全体の2.6%、「分析ツール」が75億円で1.4%、そして「キャンペーンプランニング・コンサルティング」が50億円で0.9%と推測される。

インフルエンサーマーケティング市場は317億円、前年比105%の見通し

 インフルエンサーマーケティング向け需要は2020年に317億円、前年比105%と堅調に推移することが見込まれる。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、一部業種の広告主が予算を削減する一方で、オンライン上でビジネスを手掛ける広告主は引き続き積極的な投資を実施している。

 インフルエンサーの活動領域の広がりや、企業によるマーケティング活用が今後もさらに進展することにより、2025年には、インフルエンサーマーケティングの需要は2020年対比で約2.3倍の、723億円に達すると予測される。

SNSアカウント運用支援/コンサルティング/分析ツール市場は307億円に

 SNSアカウント運用支援/キャンペーンプランニング・コンサルティング/分析ツール向け需要は、2020年に307億円、前年比112%と好調に推移することが見込まれる。今後も、ソーシャルメディアにおけるマーケティング需要全体の拡大により、2025年には、2020年対比で約1.6倍の436億円に達すると予測される。

ソーシャルメディア広告市場は4,932億円、前年比107%の見通し

 ソーシャルメディア広告向け需要は、企業のマーケティング活動におけるソーシャルメディアの重要性の高まりを背景に、過去継続して拡大を続けている。2020年の広告向け需要は4,932億円、前年比107%と堅調に推移することが見込まれる。

 広告市場におけるデジタル広告のシェアが高まると同時に、デジタル広告市場におけるソーシャルメディアのシェアもまた年々高まっており、今後もこの傾向が続くことが予想される。これらを背景に2025年には2020年対比で約2倍の、1兆12億円に達すると予測される。

【調査概要】
・調査主体:サイバー・バズ
・調査時期:2020年4月から2020年9月
・調査方法:広告会社、ソーシャルメディアマーケティング会社、インフルエンサーマーケティング会社、その他各種ソリューション事業者へのヒアリング、調査主体並びに調査機関が保有するデータ、関連企業・機関データ、公開情報の収集
・調査対象:ソーシャルメディアマーケティング市場
・調査機関:デジタルインファクト

【関連記事】
9月度CM放送回数ランキングTop20/格安スマホ3社が上位に【ゼータ・ブリッジ調査】
Instagram利用者の約3割が、新機能「リール」を認知/人気ジャンルは?【ジャストシステム調査】
10代女性、「透明トレカ」「アクスタ」が流行 約7割が購入品をSNSに投稿【memedays調査】
企業のITテクノロジー予算が増加、マーケティングへの予算は削減される見込み【ガートナー調査】
接客ツール導入企業の約8割が、カスタマーサクセスの必要性を実感【Repro調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5