SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KARTE Datahub、クラウド型データ統合プラットフォーム「Xplenty」との連携を開始

 プレイドは、同社の提供するCX(顧客体験)の向上を実現するデータ統合・利活用プラットフォーム「KARTE Datahub」において、Xplentyの提供するデータ変換・統合プラットフォーム「Xplenty」とのプロダクト連携を開始した。

 KARTE Datahubは、データの統合・利活用プラットフォーム。顧客データや行動データ、オフラインデータなど分断されているデータベースを統合して顧客の解像度を上げることで、より深い顧客理解を促し、様々なチャネル・タッチポイントでCXの向上を実現する。

 一方、Xplentyは、様々なソースとデスティネーション間でデータパイプラインを構築するためのビジュアルインターフェースを提供する、クラウドベースのETL/ELTデータ統合プラットフォーム。100以上のデータストアとSaaSアプリケーションの統合をサポートしている。

 この連携により各企業は、Xplentyを介して様々なデータをKARTE Datahubに統合することが可能になり、プレイドの提供するCXプラットフォーム「KARTE」で活用することができる。

 KARTEで解析した顧客の行動データと、その属性情報や各種のマーケティングデータなどを組み合わせることで、より精度の高いデータ分析が可能になるとともに、エンジニアリング業務の効率化と省力化にも貢献する。

【関連記事】
プレイドとランサーズが業務提携 フリーランス向けCX教育プログラムの提供を開始
トランスコスモス、プレイドと協業 KARTEを活用した、FAQ・チャット機能の立ち上げを支援
電通デジタル、データ統合×AIで事業成果を最大化する「X-Stack」の提供を本格的に開始
オラクル、顧客データ管理プラットフォーム「Oracle CX Unity」の最新版を発表
SupershipとDatabricks、データ活用を促す「統合型データサイエンスサービス」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/05 10:45 https://markezine.jp/article/detail/34779

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング