SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PORTOがFoursquareと連携 位置情報を活用したターゲティング広告配信や来店計測が可能に

 VOYAGE GROUPは、同社が運営する統合マーケティングプラットフォーム「PORTO(ポルト)」において、位置情報テクノロジー・プラットフォームを提供するFoursquareと連携した。

 Foursquareは、企業の位置情報を活用した顧客理解・顧客獲得を支援する、位置情報データカンパニー。顧客企業に対して、ユーザーから許諾の取れた位置情報に基づく顧客分析・ターゲティング広告配信・来店計測・データエンリッチメントなどの各種サービスを提供している。

 一方PORTOは、ブランディングを重視するブランド広告主が安心して出稿できる統合マーケティングプラットフォーム。オフラインで出稿されているラジオ広告と同じフォーマットでオーディオ広告のプログラマティック配信ができる「PORTO Premium audio」や「PORTO Premium DOOH」などを提供している。

 今回の連携によりPORTOでは、ユーザーから許諾の取れた位置情報を活用したターゲティング広告の配信、来店計測までを行うことが可能になる。

 なおVOYAGE GROUPでは現在、オーディオ、インストリーム、DOOH、プレミアムディスプレイなど、オンライン・オフラインをまたいだ多様なフォーマットを、統合計測・管理・配信できる統合マーケティングプラットフォームの実現に向け、PORTOの開発を進めている。今後は、テレビマーケティングプラットフォーム「PORTO tv」とも連携し、テレビCMとデジタルとの統合的な最適化の実現も目指す。

【関連記事】
CARTA HOLDINGS、電通のTVCMデータを活用し「PORTO tv」を提供
アドプラットフォーム「PORTO」、インストリーム広告配信機能において「GYAO!」への配信を開始
三井物産グループのLegoliss、Foursquareの位置情報を活用したDMPの販売開始
FoursquareとFactualが合併 位置情報マーケティング関連技術およびデータ提供領域で連携
LBMA Japan、位置情報マーケティング・サービスのカオスマップを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/11 15:15 https://markezine.jp/article/detail/34833

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング