SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Zendesk、WhatsAppと提携 カスタマーエクスペリエンス向上のために機能を拡張

 クラウドベースのカスタマーサービスソフトウェアを提供するZendeskは、WhatsAppと戦略的提携を結んだ。同提携により、企業はFacebookのすべてのメッセージアプリ(Messenger、Instagram、WhatsApp)で顧客とのエンゲージメントを簡単に行い、迅速に対応することが可能となる。また、必要に応じてやりとりを自動化することもできる。

 さらにメッセージアプリでの会話は、統合されたエージェントのワークスペース(管理画面)に送信されるため、サポートチームは1か所ですべてのチャネルを管理して顧客に対応できる。また、会話の全ての履歴とコンテキスト(顧客の状況や過去のやり取り内容や状況)も確認できるため、顧客は同じ作業を繰り返す必要がなくなる。

 Zendeskは顧客から、WhatsAppやMessengerなどのFacebookのメッセージチャネルのサポートを求める高まりを受け、同提携に至った。今後両社は、WhatsAppの迅速な起動と実行のためのワークフローなど、重要な機能提供で連携し、早期に新機能として提供する予定だ。

 あわせてZendeskは、企業がWeb、ソーシャル、モバイルのメッセージチャネルでリアルタイムに顧客をサポートできるよう、同社のサービスファーストのCRMソリューションの機能を拡張した。

 今回発表のZendeskのメッセージング、自動化ワークフロー、カスタマイズといった新機能により、企業は顧客に、あらゆるチャネルやデバイスでシームレスにスムーズな会話体験を提供しながら、状況に応じてパーソナライズされたコミュニケーションを提供できる。

【関連記事】
NTTデータ先端技術、インシデント管理をクラウド型Zendeskに刷新 業務効率を改善し、工数を短縮
Zendesk、Smooch買収 LINEやFacebook Messengerなど多チャネルに対応
Zendesk、新製品を発表 複数チャネルでの一貫したUXが実現可能に
シャノン、Zendesk製品と連携 カスタマーサポート×マーケティングを実現
Facebook、Instagramなど各アプリを横断で管理できる新サービス発表 中小ビジネスを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/20 08:15 https://markezine.jp/article/detail/34916

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング