SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

1件12円で新規顧客にアプローチ!コロナ禍でもBtoB営業を加速させる手段とは

1件12円でアプローチ、可能にするのは長年の電話営業ノウハウ

――では、御社ならではの長所やこだわりのポイントは、どんな部分にあるのでしょうか。

 1つ目の特徴として、問い合わせフォーム送信の一般的な業界の相場が20~30円と言われる中で「1通あたり12円」という業界でもトップクラスの安さでご利用いただける点が挙げられます。安価であっても、ターゲットリスト、アプローチ原稿の作成は当社が行いますし、内容への修正やご意見は無制限にお受けします。ターゲット先の変更や商材変更にともなう費用も一切かかりません。

 あまりの価格の安さに、「何故そんなに安くできるのですか?」と聞かれることも多いのですが、他社と比べて安くしたわけではなく、お客さまが取り組みたいと思える価格、サービスの最適価値を考えて出した価格が、結果として他社と比べて安くなっただけなのです。

 それを可能にしたのは14年にわたり電話営業で積み上げてきた経験です。電話営業におけるトークは問い合わせフォーム原稿作成に生かせますし、営業リスト作成に対する知見ももっています。培ってきたリソースやノウハウがそのまま転用できるので、12円でのサービス提供が実現できているというわけです。

 2つ目は、“手作業で”問い合わせフォーム送信を行う点です。他社のサービスでは、フォーム送信にプログラムやAIロボットを使っていたりしますが、この場合コストは落ちても、使用するリストによってはロボット認証が突破できず送信成功率が低くなったり、フォームに入力する内容を機械が間違ったまま配信したりするなどのデメリットが生じることがあります。

 たとえば、日本でコーポレートサイトに紐づく問い合わせフォームは、私たちが確認できるもので50万サイトほどあります。問い合わせフォーム営業をするところが増えても、この母数が大幅に増えることはありません。ですが、多くの企業がそこに対し送っているので、自然と1日あたりに受信する数も増え、送るのをやめて欲しいと考える人も増えますよね。

 そこでセールスお断りの問い合わせフォームも増えているのですが、ロボットによる送信だとそれに気づかず送ってしまい、クレームや企業の信頼を毀損する可能性もあります。我々は常にリストの管理を行い、セールスお断りの企業にはアプローチしないよう細心の注意を払っています。これらの対応による送信成功率の高さも我々の強みになっていると考えています。

 また問い合わせフォーム営業では、営業後のアフターフォローがとても大切になってきます。問い合わせフォーム送信で獲得した問い合わせに対し迅速に対応をしなければ、せっかく獲得したリードを逃してしまう場合もあります。私たちはそこに対してもサポートしています。

――問い合わせは、どういう企業から受けることが多いですか?

 大手企業から中小企業まで、幅広くお問い合わせいただいています。先ほどお話ししたように、エリアに限定のないサービスを提供し、対象先が幅広い企業様が多いです。代表的な事例だと、IT関連やWeb系のインターネット広告やSEO支援、人材サービスなどは相性が良いです。あとは最近だと、新型コロナウイルス対策関連の商材やサービスを提供している企業からのお問い合わせ機会が急増していますね。

次のページ
6,000円でホットリードが獲得できる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング