SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KARTE Talk、Microsoft Teamsと連携 Teams上でチャットサポートを完結

 プレイドは、同社が提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」のウェブチャット機能である「KARTE Talk」において、マイクロソフトの提供するコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」との機能連携を開始した。

 同連携により「KARTE Talk」によるエンドユーザーとのチャットによるコミュニケーションを、KARTEの管理画面を開くことなく「Microsoft Teams」上で完結することで作業効率と対応速度の向上を図ることが可能だ。また「Microsoft Teams」のモバイルアプリを使用すれば、PCだけでなくスマートフォン・タブレットでも対応することができる。

 「Microsoft Teams」は、2020年10月末時点でデイリーアクティブユーザー数(以下、DAU)は1億1500万人を超えている※。

※Microsoft Teamsのデイリーアクティブユーザー数が1億1,500万人を突破–Microsoft 365のコラボレーション時間の指標を新たに導入
https://blogs.windows.com/japan/2020/12/02/microsoft-teams-reaches-115-million-dau-plus-a-new-daily-collaboration-minutes-metric-for-microsoft-365/

【関連記事】
プレイドとJ-WAVE、「CX AWARD 2020」発表 YOASOBI・あつ森・カインズらが受賞
プレイド、KARTE DatahubがBIと機械学習の機能を追加 データの蓄積と活用をシームレス化
プレイドとランサーズが業務提携 フリーランス向けCX教育プログラムの提供を開始
トランスコスモス、プレイドと協業 KARTEを活用した、FAQ・チャット機能の立ち上げを支援
三菱地所、プレイドとNRIデジタル支援のもと「KARTE」を導入 スマートシティの実現へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/02 18:30 https://markezine.jp/article/detail/35421

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング