SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート(PR)

ネスレ日本・富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーが語る、マーケティング投資の最適化

 COVID-19パンデミックの影響を受け、あらゆるもののオンラインシフトが加速した2020年。生活者のライフスタイル・消費行動に変化が起きたことで、企業はマーケティング投資の再考に迫られている。2021年1月28日に開催された「MarkeZine Day Special Webinar powered by Salesforce Datorama」には、ネスレ日本の小堺吉樹氏、富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーの笹原千江里氏、竹内正也氏が登壇。「メディアプランニング」「PDCA改善」をキーワードに各社の取り組みが語られた。本稿ではその様子をお届けする。

メディアプランは「KPI」ではなく「顧客」から考える

 まず登場したのは、ネスレ日本 媒体統括部の小堺氏だ。小堺氏が所属する媒体統括部は、「キットカット」や「ネスカフェ」など同社が持つ20以上のブランドについて、メディアプランを考え、効果改善のための施策を練り、実行することをミッションとしている。

 小堺氏からは「メディアプランニング」と「PDCA」という2つのテーマについて、同社の取り組みとともに語られた。まずメディアプランニングについて。小堺氏は「メディアプランは『KPI』から考えず、『顧客』から考えることが重要」と話す。中でも、顧客起点でメディアプランニングを行うために重要なことが2つあるのだそうだ。

 「1つ目はレセプティビティ(受容性)です。つまり、消費者が私たちのメッセージに関心を示してくれる時と場所に合わせてコミュニケーションすることが重要ということ。Media Behaviorを詳細に探り、ユーザーのレセプティビティを見つけることによって、効率的かつ効果的なコミュニケーションを取ることができます」(小堺氏)

ネスレ日本株式会社 マーケティング&コミュニケーションズ本部 媒体統括部 小堺吉樹氏
ネスレ日本株式会社 マーケティング&コミュニケーションズ本部 媒体統括部 小堺吉樹氏

 たとえば、受験勉強で疲れたときに偶然見たYouTubeに「キットカット」の動画広告が流れていたら人は共感するし、朝眠い目をこすりながらテレビをつけたとき「ネスカフェ」のCMが流れていたら製品が欲しくなるだろう。そのような人間の心理状態や行動、タイミングを詳細に分析して、レセプティビティが高まる顧客とのコンタクトポイントを探ることが重要だという。

 2つ目に重要なのが、コミュニケーションだ。ネスレ日本では、下図のようにマーケティングファネルごとにコミュニケーションの果たす役割を定義づけていくという。

 レセプティビティとコミュニケーションにおける役割を決めたあとは、双方の観点からメディアの候補を洗い出し、「ブランド・製品・キャンペーンとの親和性」や「実現可能性」などを検討し、最終的に出稿メディアを決定していくという。

 「このように、担当者の感覚でメディアを選定するのではなく、自社なりの選定基準を作り、ロジックを立ててどのメディアに出稿するか判断することが重要です」(小堺氏)

次のページ
ライブモニタリングでPDCAサイクルを短縮

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

石川 香苗子(イシカワ カナコ)

ライター。リクルートHRマーケティングで営業を経験したのちライターへ。IT、マーケティング、テレビなどが得意領域。詳細はこちらから(これまでの仕事をまとめてあります)。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/02 10:00 https://markezine.jp/article/detail/35516

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング